« 『自壊する帝国』 | トップページ | 適格年金廃止期限! »

2009年1月14日 (水)

『絶対帰還』

2003年2月1日、スペースシャトル「コロンビア」が、地球へ帰還する途上に燃え尽きました。

その時、宇宙ステーションには3人の宇宙飛行士が取り残されていました。

そして、彼らはふるさとへ帰還する術を失いました。

最後には、オンボロ宇宙船「ソリューズ」で何とか帰還することになるのですが、日本ではあまり知られていないこの間のドラマをこの本で知ることができます。

真実は小説よりも奇なり、小説より面白いノンフィクションです。

|

« 『自壊する帝国』 | トップページ | 適格年金廃止期限! »

「読書ログ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112956/43646940

この記事へのトラックバック一覧です: 『絶対帰還』:

« 『自壊する帝国』 | トップページ | 適格年金廃止期限! »