« 売れ筋ランキング! | トップページ | 中日本五会研究大会本番! »

2009年2月20日 (金)

『テキトー税理士が会社を潰す』

著者の熱い思いが伝わってくる本です。この本に書かれているようない計数管理が経営には必要であることは同感です。

しかし、必ずしもそれを指導するのが税理士である必要はないでしょう。税理士の法定業務以外の業務を強調することは、世間をミスリードしてしまうような気がします。

また、優秀な経営者であれば、誰に言われることなく、この本に書かれているレベルを達成しています(そうでなければ成功できない)。

それに著者の思いが、強く出るだけそれだけ経営者に対して傲慢な感じを受けてしまいます。

経営において計数管理は重要ですが、それ以上にマーケティング・組織管理などの要素が重要で、その分野は経営者の手腕であると思うのですが。

|

« 売れ筋ランキング! | トップページ | 中日本五会研究大会本番! »

「読書ログ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112956/44092369

この記事へのトラックバック一覧です: 『テキトー税理士が会社を潰す』:

« 売れ筋ランキング! | トップページ | 中日本五会研究大会本番! »