« 藍綬褒章受章祝賀会! | トップページ | 人工衛星が衝突! »

2009年2月12日 (木)

『ローマ亡き後の地中海世界 下』

ローマによる平和が失われて久しく時(数百年)が流れましたが、未だに地中海には平和は訪れません。

2大宗教(キリスト教とイスラム教)が対立したまま、海賊が横行しています。もはや海賊は生業です。この流れは現在のソマリアまで続きます。

何度も平和を手に入れかけますが、大国のエゴでその機会を逃します。それは結局のところ地中海に面するアフリカがヨーロッパ諸国の植民地になるまで続きます。

ローマがなしえた偉大な平和は2度と実現することはありませんでした。

この本を読んで初めて、世界史が理解できました。西洋史の裏側で何が起きていたのか、現代に続く対立の構造が理解できます。

|

« 藍綬褒章受章祝賀会! | トップページ | 人工衛星が衝突! »

「読書ログ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112956/44006043

この記事へのトラックバック一覧です: 『ローマ亡き後の地中海世界 下』:

« 藍綬褒章受章祝賀会! | トップページ | 人工衛星が衝突! »