« 『事業と資産を守りぬく新信託法活用術』 | トップページ | 少人数私募債(その1) »

2009年2月25日 (水)

『農協の大罪』

底知れぬ不況の中、雇用の受け皿として農業が注目を集めています。

しかし、その農業も「農協」という今や農民の組織ではない、利権組織により蝕まれ断末魔の叫びを上げています。

元農林官僚が暴露しています。

いつどこで間違ってしまったのか。

国家戦略なき国家の姿の一つを映し出しています。

|

« 『事業と資産を守りぬく新信託法活用術』 | トップページ | 少人数私募債(その1) »

「読書ログ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112956/44162278

この記事へのトラックバック一覧です: 『農協の大罪』:

« 『事業と資産を守りぬく新信託法活用術』 | トップページ | 少人数私募債(その1) »