« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月

2009年3月31日 (火)

『公務員の給与はなぜ民間より4割高いのか』

国・地方の財政が厳しい折、行政サービスが削られていきます。

民間企業であれば削減されるはずの人件費は削られずにです。

逆に肥大化していきます。

それでも民間と同じ水準であると言い張るカラクリをこの本は暴露しています。

定年まで勤めた公務員に、3千万円の退職金を出し続けたら、財政は破綻します。

中小企業では、定年まで勤めても退職金が3百万円ということも珍しくありません。

多くの納税者に読んで欲しい1冊です!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月30日 (月)

東京へ

今月2度目の東京です。

いつもの公認会計士協会の委員会です。

前にも書きましたが、今月は遠方への出張が多い月でした。

来月も決算の関係もあり、出張が多い予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月29日 (日)

『ANAで知る!HAPPY FLIGHTの世界』

映画『ハッピーフライに』に全面協力したANAから見たハッピーフライト読本です。

先週、成田でフェデックスの貨物機が着陸に失敗した事故がありましたが、航空機の魅了には変わりありません。

この本は、映画の関連本で、他の本と特別違うというわけではありませんが、より航空会社(ANA)側に沿った作りになっています。

航空機にご興味のある方には、お薦めです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月28日 (土)

『がん難民コーディネーター』

あなたは、ガンになったらどうしますか?

この本では、自らも前立腺ガンになりそれを克服した著者が、ボランティアでガン患者と医師をつなぐコーディネーターとして活躍する姿が描かれています。

私の専門とする分野(経営、会計、税務)でも、ある問題に当たってその解決策のすべてを把握している専門家は、ごく限られた人になります。

それゆえ、セカンド・オピニオンが大切になります。

ガンという生死に関する病気になったら、自ら知識武装して闘うことが大切です。技術はものすごい勢いで進歩しています。ガンが死の病でなくなるのもそう遠くない将来かもしれません。

しかし、あなたがかかった医者が治療法を知らないということも普通にあり得ます。

絶望する前に、是非一読を!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月27日 (金)

少人数私募債(その8)

少人数私募債を発行するに際して、その要件に合うように、49人以下に勧誘しても、6ヶ月以内に再度、勧誘を行い合計して50名以上に勧誘を行ったことになると、これも「募集」になります。

これが6ヶ月の通算ルールと呼ばれるものです。

このような事態に陥らないようにするためには、事前に資金調達計画をキチンと策定することが肝要となります。

行き当たりばったり私募債を発行して、金融商品取引法の規制に掛からないようにしましょう。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年3月26日 (木)

ニュースレター更新しました(3月号)

弊社発行のニュースレターを更新しました。

http://homepage3.nifty.com/binspire/nl.htm

お暇なときにご覧下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月25日 (水)

調子が今一です!

先週引いた風邪が治りきらず、体調が今一ですね。

昨日は会計大学院の修了式で、2年生が修了していきました。

今年の夏の試験(公認会計士・税理士)では、結果を出してくれるものと期待しています。

まだまだWBCの余韻が残っていますが、景気も侍ジャパンのようになって欲しいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月24日 (火)

祝!WBC2連覇!

侍ジャパンがやりました。

最後はイチローが打って締めです。

今日は、1日中この話題で持ち切りになることでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『会社人生で必要な知恵はすべてマグロ船で学んだ』

当然業務命令で、マグロ船に乗れといわれたら、僕だったらそんな会社、即刻辞表を提出しますね。

でも著者は、本当にマグロ船に乗ってしまうのですね。すでにそのこと自体で著者が会社人間であることの証明のような気がしないでもないですが。

現実のマグロ船は、命がけの航海の中で、そこには贅肉がそぎ落とされたシンプルな真実しかない訳です。

飾りがない分だけ胸にしみてくる言葉が発せられます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月23日 (月)

『今日からお客様が倍増する売れる力学』

マーケティングの基本を復習するには最適な本です。

理論というよりは、実践から語られる解説には説得力があります。

この不況の中、なにをしらたいいのか迷われている方には最適な内容だと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月22日 (日)

『バレンタイン』

翻訳家として有名な柴田元幸氏による初の小説集です。

読んだ感じは、ポール・オースターを日本人にして短編小説を書かせたような感じでした。

いくつかの物語は印象に残ります。

ただ、なんというかもう少し深みがほしいという感じがしなくはないです。

次回作(?)に期待しましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月21日 (土)

回復!

昨日の祝日に家でゆっくり休んだおかげで大分回復しました。

風邪による症状はほとんどおさまっています。

あとは体力の回復ですね。

治りかけに無理をするとかえって長引くことになりますので、ここは我慢してゆっくり、ゆっくり始動します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月20日 (金)

はなし方講座!

フロム・サーティの池崎晴美さんが、4月から東京の銀座ではなし方講座を開かれるそうです。

http://www.hi-from30.com/kouza_lesson.html#ginza

場所は銀座の旅館(「お宿吉水」)です。各回19:00~21:00までで3回連続、それぞれの受講料は5,000円とお値打ちで、30名限定です(これで儲けがあるのか疑問ですが)。

地元名古屋でも是非企画して欲しいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月19日 (木)

久しぶりに風邪を引きました。

ちょっとした気の緩みから風邪を引いてしまいました。

本当に忙しいときには、意外と引かないものですが、ちょっと時間に余裕ができるとダメですね。

昨日はのどが痛く鼻水が止まらず、微熱(37.5度)が続いて、今日は咳が止まりません。

幸い明日は休み(祝日:春分の日)なので、ゆっくり休んで直したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月18日 (水)

「100の提案」

税理士会から「税理士の専門家責任を実現するための100の提案」が送られてきました。

116ページあまりの冊子と附属のCD-ROMです。

「100の提案」の項目は、なかなか良い項目が並んでいますね。

それに附属のCDの資料集のなかに使えそうなものがあるのも良いです。

ただ、公認会計士と較べると、どうしても遅れている感がありますね。

公認会計士の方はすでに公認会計士・監査審査会による検査などに対応するため、会員を拘束する委員会報告によって「100の提案」のうち管理に関する部分は実質強制されています。

それに研修制度も毎年40単位受けることが法定化されていますので逃れることができません。

公認会計士の方のなんでも規制して杓子定規に検査というのも考えものですが・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月17日 (火)

少人数私募債(その7)

社債を発行する際に、金融商品取引法の規制に掛からないようにする1番簡単な方法は「募集」に該当しないようにすることです。

ここでいう募集とは、50人以上に社債を引き受けるように「勧誘」することになります。

勧誘ですから、50人以上に声を掛けたけど、結果49人しか引き受けがなかったというのはダメです。

声を掛けるのも49人以内にしなければなりません。もし、50人以上に声を掛けてしまった場合には、募集になってしまいます。

ちなみに、募集の場合、1,000万円超1億円未満の場合には有価証券通知書を提出する義務があります。

また、1億円以上の場合には有価証券届出書を提出する必要があります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月16日 (月)

横浜へ!

今日は横浜に出張して、とんぼ返りで帰ってきます。

今月はどういう訳か遠方への出張の多い月になりました。

月末にも東京へ行きます。

これで花粉さえなければ、出張はそれでも気晴らしになるのですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月15日 (日)

『誰も書かなかった徳川家の謎』

四人の将軍が暗殺されたとか、刺激的な項目が目次に並びます。

徳川将軍家に関する著者の合理的な推論や豆知識が内容の本です。

豆知識の方は、あまり目新しくはないのですが、著者の推論はある意味大胆な推論になっています。

歴史に興味のある人にはお勧めです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月14日 (土)

会計大学院3月入試!

今日は、会計大学院の3月度入試の日です。4月から始まる来年度入学への最後の入試です。

今回は、朝から試験官を勤めます。はじめての試験官ですが、もう一人の先生と協力して進めて行きます。

何はともあれ、受験生の健闘を祈ります!ひとりでも多くの合格者が出るように祈っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月13日 (金)

今年の花粉症は・・・

今年の花粉は、例年にくらべてかなり多いような気がします。

特に最近は、花粉症の症状が出って仕事の効率にも影響が出っているような状況です。

そんなときに限って、やるべきことが多くて困っています。

いっそ花粉のない石垣島に逃げ出したいぐらいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月12日 (木)

少人数私募債(その6)

少人数私募債は、会社法の規定に則り発行されます。しかし、忘れてならないのは金融商品取引法です。

社債は、金融商品取引法上、有価証券とされます。有価証券を発行する場合には、その方法、金額により金融庁に提出する書類が定められています。

たとえば、募集の方式で1億円以上の社債を発行するためには、有価証券届出書という書類を提出する義務があります。

有価証券届出書の作成は、非上場会社では大変な労力を要しますし、公認会計士の監査証明が必要になるなど相当のコストもかかります。

これにも例外規定があって、少人数私募債を発行する際には金融商品取引法の規制にかからないようにします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月11日 (水)

第5位に!

下げ続けていた株価も今日は反発したみたいですね!これで安心というわけでは全然ありませんが、7000円を割るような事態になるよりは心理的には良いでしょう。

ところで、拙著『道具としてのアカウンティング』がアカウンティング部門で売れ筋第5位にランクインしていました。

http://www.ne.jp/asahi/jubus/com/business/html/business3.html

(3月11日現在)

発売から2年以上経ちますが、継続してご購入していただいているようですね。特に最近は経済が厳しいので、会計を本気で勉強しようという人が増えているのでしょうか?

著者としては、息の長い本になって欲しいと願っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月10日 (火)

『聖典「クルアーン」の思想』

イスラムの聖典「コーラン」から読み解いたイスラムの思想の解説です。

「クルアーン」とは、「コーラン」の本来の発音に近い読み方です。

非常にコンパクトにまとまっており、同族というべきユダヤ教とキリスト教との関係もよく分かります。

著者は女性ですが、イスラム研究を女性が行うことはある意味すごいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 9日 (月)

少人数私募債(その5)

会社法では、社債を発行する場合に、銀行や信託会社などを社債管理者として指定して設置しなければなりません。

しかし、少人数私募債では、この社債管理者を設置しなくても良い例外規定を利用して、社債管理者の設置をしないようにします。

その例外は、ある種類の社債総額を各社債の最低額で割った数が50未満の場合に適用できます。

逆にいえば、社債の総額=社債金額の最低額×49以下の条件であれば、社債管理者を設置しなくてもよいことになります。

社債発行のコストと手続きを考えたとき、この社債管理者を設置するかどうかは重要なポイントになります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 8日 (日)

花粉がピークですね。

ここのところ、花粉症がきついですね。

去年より症状が重いような気がします。

できるだけ薬に頼らないようにしようと思っていますが、仕事で打ち合わせとかあるとどうしても飲まざるをえませんね。

そういうわけで、雨降りが恋しい毎日です。

こういうときに限って、外に出ることが多くて困ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 7日 (土)

ヨーン(石垣島川平)

今日(7日)の新聞のチラシに、次の写真が。

4th_012

よく見ると、僕が毎年行く石垣島のそれも川平近くのバス停です。

毎年行っているのに全然気がつきませんでした。

4周年と「ヨーン」を掛けているのですが、よく見つけたものですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 6日 (金)

少人数私募債(その4)

少人数私募債を規制する法律の基本は、会社法です。

会社法では、すべての種類の「会社」で社債を発行できると規定しています。

ここで、会社法の会社とは、次の会社をいいます。

・株式会社

・有限会社(特例有限会社)

・合同会社

・合資会社

・合名会社

これらのいずれかであれば、まず社債を発行することができます。

逆にいえば、これ以外の組合などは、社債を発行することはできません。

社債以外の別の形の証券であれば、可能かもしれませんが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 5日 (木)

東京へ

先週も東京へ行きましたが、今日も東京です。

今月は、月末にまた行きます。

花粉が多いので、あまり外に出て移動したくないですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 4日 (水)

『借金の底なし沼で知ったお金の味』

25歳のフリーターが、商品先物で5千万円の借金を突然負った。

年率25%の利率により、借金は1億2千万円へ膨れあがり、自己破産もできない。

ヤクザからの取り立ては、自身の実家だけでなく奥さんの実家にも及び奥さんの自殺未遂も。

このような状況から著者は、マーケティング手法を駆使して借金を返済しました。

ネットの世界で有名なあの金森重樹氏に、このような過去があったとは。

氏の言動の中に、ときどき通常の思考を超えたところがある理由が分かりました。

「あとがき」に次のようにあります。

「ただ、そんな話でも、この瞬間、借金で眠れぬ日々を過ごしている人に目の前の壁を乗り越えるための希望、生きる勇気、活力を与えてあげられるかもしれないと思って書きました。」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 3日 (火)

少人数私募債(その3)

少人数私募債は、昔からありました。

今回取り上げるのは、不景気で金融機関からの資金調達が難しということもありますが、地方自治体による補助制度を利用することでメリットが大きくなる点があります。

Webで「少人数私募債 補助金」で検索すると東京を中心に社債利子に対する補助を実施している自治体が出ってきます。

これを利用しない手はありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 2日 (月)

いざ、高知へ!

今日・明日と四国の高知へ出張(監査業務)です。

県営名古屋空港(小牧)から飛行機で行きます。

飛行機の機材は、問題のカナダ製ですが、一応ジェット機です。

そういえば、以前同社の双発プロペラ機が高知龍馬空港で、前輪が出ずに胴体着陸していましたね。

少しドキドキのフライトになりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 1日 (日)

『歌舞伎町案内人の恋』

歌舞伎町案内人である李小牧氏の最新刊である。

破天荒な李氏の自伝的な1冊になっている。

これまで1000人以上の女性と関係を持ってきたという著者のモラル(?)に嫌悪感を感じる人にはお薦めできない。

あまりに赤裸々な・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »