« 東京へ | トップページ | ヨーン(石垣島川平) »

2009年3月 6日 (金)

少人数私募債(その4)

少人数私募債を規制する法律の基本は、会社法です。

会社法では、すべての種類の「会社」で社債を発行できると規定しています。

ここで、会社法の会社とは、次の会社をいいます。

・株式会社

・有限会社(特例有限会社)

・合同会社

・合資会社

・合名会社

これらのいずれかであれば、まず社債を発行することができます。

逆にいえば、これ以外の組合などは、社債を発行することはできません。

社債以外の別の形の証券であれば、可能かもしれませんが。

|

« 東京へ | トップページ | ヨーン(石垣島川平) »

少人数私募債」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112956/44243890

この記事へのトラックバック一覧です: 少人数私募債(その4):

« 東京へ | トップページ | ヨーン(石垣島川平) »