« 第5位に! | トップページ | 今年の花粉症は・・・ »

2009年3月12日 (木)

少人数私募債(その6)

少人数私募債は、会社法の規定に則り発行されます。しかし、忘れてならないのは金融商品取引法です。

社債は、金融商品取引法上、有価証券とされます。有価証券を発行する場合には、その方法、金額により金融庁に提出する書類が定められています。

たとえば、募集の方式で1億円以上の社債を発行するためには、有価証券届出書という書類を提出する義務があります。

有価証券届出書の作成は、非上場会社では大変な労力を要しますし、公認会計士の監査証明が必要になるなど相当のコストもかかります。

これにも例外規定があって、少人数私募債を発行する際には金融商品取引法の規制にかからないようにします。

|

« 第5位に! | トップページ | 今年の花粉症は・・・ »

少人数私募債」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112956/44322047

この記事へのトラックバック一覧です: 少人数私募債(その6):

« 第5位に! | トップページ | 今年の花粉症は・・・ »