« 東京へ | トップページ | 今日から4月です! »

2009年3月31日 (火)

『公務員の給与はなぜ民間より4割高いのか』

国・地方の財政が厳しい折、行政サービスが削られていきます。

民間企業であれば削減されるはずの人件費は削られずにです。

逆に肥大化していきます。

それでも民間と同じ水準であると言い張るカラクリをこの本は暴露しています。

定年まで勤めた公務員に、3千万円の退職金を出し続けたら、財政は破綻します。

中小企業では、定年まで勤めても退職金が3百万円ということも珍しくありません。

多くの納税者に読んで欲しい1冊です!!

|

« 東京へ | トップページ | 今日から4月です! »

「読書ログ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112956/44463697

この記事へのトラックバック一覧です: 『公務員の給与はなぜ民間より4割高いのか』:

« 東京へ | トップページ | 今日から4月です! »