« マウス買い換え! | トップページ | 高知に出張です。 »

2009年4月15日 (水)

『外務省ハレンチ物語』

元外交官である佐藤優氏の官能小説です。

最初、官能小説だと気がつかずに読んできたので、やけに色っぽいシーンが多いなあと思っていましたが、あとで納得しました。

そもそもが外務省の暴露本だと思って、読み始めたので気がつかなかったのですが、官能小説に名を借りた暴露本であることに変わりありません。

それにしても、この本から推測するに外務省というお役所は、犯罪者集団という感じです。

たぶんこの本に書かれていること、ときどき週刊ネタになるように、多くの真実を含んで鋳ることでしょう。

外務省にも、一度会計検査院に検査を実施してみてはどうでしょうか。

|

« マウス買い換え! | トップページ | 高知に出張です。 »

「読書ログ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112956/44594816

この記事へのトラックバック一覧です: 『外務省ハレンチ物語』:

« マウス買い換え! | トップページ | 高知に出張です。 »