« 監査と審査 | トップページ | 『真夏のオリオン』 »

2009年6月 2日 (火)

『「お通し」はなぜ必ず出るのか』

飲食店を通して、経営全般について考えさせられる良書です。

著者は飲食業専門のコンサルタントですが、飲食業という業種の特性上、すべてのビジネスの通じる要素があります。

飲食業ほど、参入障壁が低く競争の厳しい業界もありません。そのため、多くのお店が数年を経ずしてつぶれていくという現実があります。

そんななかで、生き残っていくために味や雰囲気がいいだけではダメです。

やっぱり戦略が必要です。

起業を考えている人、今一ビジネスが伸びない人に、お薦めです。

|

« 監査と審査 | トップページ | 『真夏のオリオン』 »

「読書ログ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112956/45176467

この記事へのトラックバック一覧です: 『「お通し」はなぜ必ず出るのか』:

« 監査と審査 | トップページ | 『真夏のオリオン』 »