« ADSLから光へ! | トップページ | 『リンゴが教えてくれたこと』 »

2009年6月12日 (金)

『シュメルー人類最古の文明』

今から5千年前、現在のイラクの地に栄えたシュメル文明、一般的にはメソポタミア文明のひとつして紹介されています。

しかし、その文明は、5千年前にすでに、文字や法律、学校までの作り上げていました。大量の粘土板に記録された楔形文字が、その繁栄を今に伝えます。

旧約聖書のエデンの園のモデルになったとされる都市国家を有するほど栄えた文明はどうして滅んだのか?興味が尽きることはありません。

|

« ADSLから光へ! | トップページ | 『リンゴが教えてくれたこと』 »

「読書ログ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112956/45298621

この記事へのトラックバック一覧です: 『シュメルー人類最古の文明』:

« ADSLから光へ! | トップページ | 『リンゴが教えてくれたこと』 »