« OB会! | トップページ | 『ちょっといい話』 »

2009年7月12日 (日)

『松本清張の「遺言」』

松本清張の遺作となった『神々の乱心』を政治思想史の研究者が読み解きます。

戦前の宮中史をもとに、松本清張がいかに小説として構想したかが分かります。

歴史でもほとんど取り上げられない、ドラマにもならない天皇家の確執をテーマにしているようです(本書の分析の対象となった『神々の乱心』は読んでいないので)。

当時の新興宗教と歴史との関係がわかり、個人的には新しい発見がありました。

それにしても、松本清張の情報収集力と分析力は、超人的だと感じます。

|

« OB会! | トップページ | 『ちょっといい話』 »

「読書ログ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112956/45564271

この記事へのトラックバック一覧です: 『松本清張の「遺言」』:

« OB会! | トップページ | 『ちょっといい話』 »