« 非上場株式の納税猶予制度の落とし穴! | トップページ | 高校の同窓会! »

2009年7月31日 (金)

会社規模一発判定シート作成!

非上場の株式の税務上の評価額を算定するためには、まず財産評価基本通達における会社規模の判定を行う必要があります。

これが結構面倒くさくて、よく間違えます。

総資産額と従業員数と取引金額の3つの指標を3段階で判定します。

1.従業員数が100人以上か

2.1.でないときは、総資産額と従業員数の基準の小さい区分

3.2.の結果と取引金額の区分の大きい方

これを、3つの業種に分けて判定します。

これまでは面倒でも、説明したような段階をへて判定していました。

でも、これではクライアントに説明するにしてもわかり難いこと、この上もありません。

そこで、ロジックははっきりしているので、一目で分かる表にすることにしました。

考えればできるもので、一発で、どの指標から当てはめても判定でき、素人にも分かりやすいシートができました。

しばらくはテストしながら改良していこうと思います。

|

« 非上場株式の納税猶予制度の落とし穴! | トップページ | 高校の同窓会! »

「税制」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112956/45784434

この記事へのトラックバック一覧です: 会社規模一発判定シート作成!:

« 非上場株式の納税猶予制度の落とし穴! | トップページ | 高校の同窓会! »