« 結局! | トップページ | 『マンガ心理学入門』 »

2009年8月 8日 (土)

最近の報道について

ここのところ、タレントの酒井法子さんのニュースがテレビで連日報道されています。

まだ、本人も逮捕されていませんが、有罪が確定したような報道ぶりです。

今週、初めての裁判員制度による判決が出たばかりですので、犯罪の報道のされ方が気になりますね。

今回の事件では、酒井法子さんの弟が、先月覚醒剤取締法違反で逮捕されていたとも付け加えられています。

また、その弟が広域暴力団員ということも報道されており、酒井法子さんが仮に、無罪になっても芸能界に復帰できないダメージです。

有罪か無罪か、決めるのはあくまでも裁判です。それまでは無実かどうかは別にして、有罪と決めつけるよな報道は避けるべきでしょう。

この事件が、裁判員制度の対象だったら、報道により裁判員の心証が裁判の前に形成される可能性が大きくなります。

裁判員制度が始まったことを契機に、報道のあり方も見直すことが必要だと感じました。

|

« 結局! | トップページ | 『マンガ心理学入門』 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112956/45868412

この記事へのトラックバック一覧です: 最近の報道について:

« 結局! | トップページ | 『マンガ心理学入門』 »