« 昨日の研修! | トップページ | 今日は、 »

2009年9月10日 (木)

遺産課税方式はいつから?

相続税の課税方式は、現行「法定相続分課税方式」といって、2段階の複雑な計算によって計算しています。

これを、旧与党だった自民党は、「遺産取得課税方式」という貰った財産に応じて税金を払う方式に変更する予定でした。

しかし、一部の人が増税になるということで、総選挙前の導入を見送りました。

そして政権交代です。民主党は前から「遺産取得課税方式」とは別に、「遺産課税方式」を主張し、マニュフェストにも記載しています。

「遺産課税方式」は、まず遺産全体に課税して、そのあと相続人でどう分けようが影響させないという方式です。

大きな計算方式の変更になりますから、導入の時期によっては、これまでの事業承継計画が大きく影響を受けます。

来週の組閣後、この辺のロードマップも早く示してほしいですね。

|

« 昨日の研修! | トップページ | 今日は、 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112956/46171576

この記事へのトラックバック一覧です: 遺産課税方式はいつから?:

« 昨日の研修! | トップページ | 今日は、 »