« 連休最終日です! | トップページ | 今日のtwitterです! »

2009年9月24日 (木)

『アメリカを支配するパワーエリート解体新書』

アメリカ大統領さえ決めてしまう世界(欧米)の超エリート達のネットワークを垣間見せてくれる本です。

欧米のパワーエリートは、貴族、財閥、エリート大学、シンクタンクなどが複雑なネットワークを形成して形作られています。

その中で、主義主張の違いから覇権を争い、その結果世界が動くことが続いてきました。

しかし、21世紀に入り、世界の覇権は、米国の単独覇権から分権に向きつつあります。

パワーエリートは、欧米だけでなく、そのネットワークに中国人も加え進化し続けています。

今後の世界のありようを考えるときに、一読の価値がある本です。

|

« 連休最終日です! | トップページ | 今日のtwitterです! »

「読書ログ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112956/46289231

この記事へのトラックバック一覧です: 『アメリカを支配するパワーエリート解体新書』:

« 連休最終日です! | トップページ | 今日のtwitterです! »