« ノーベル平和賞! | トップページ | サンデーtwitter! »

2009年10月10日 (土)

返済猶予制度政府原案!

亀井静香金融大臣が言い出した返済猶予制度ですが、政府原案が見えてきました。

・金融機関に一律義務づけはせず

・再生可能性を金融機関が審査

・回収不能については政府保証

・条件変更の不良債権とはしない

・1年程度の時限立法

これって、実際のところ、どのぐらい利用されるのでしょうか?

まず、企業の場合、

企業の再生可能性なんて実際問題分からないですよね。

結局、猶予制度を申し出たことにより、貸し渋り貸しはがしの対象になってしまいそうです。

次に個人の場合、

住宅ローンでも、失業者が対象ですが、猶予期間終了後の返済額は、猶予した元本が上積みになりますから、現状より負担が多くなります。

現状以上のローン返済ができる次の仕事が見つかるかどうかも現状では難しいですよね。

これから細部を詰めるにしろ、あまり現実的な制度ではないような気がします。

問題は、売上が下がっていることですから、需要を増やすことです。

それが難しい現状では、産業構造をかえて雇用を確保する政策に予算を配分するべきだと思います。

|

« ノーベル平和賞! | トップページ | サンデーtwitter! »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112956/46447346

この記事へのトラックバック一覧です: 返済猶予制度政府原案!:

« ノーベル平和賞! | トップページ | サンデーtwitter! »