« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

2009年11月30日 (月)

今年最後の東京です!

今日は、いつもの会議ではなく、1年に2回ぐらい行われる会計士協会の会議で東京へ行ってきます。

場所も、本部のある公認会計士会館ではなく、その近くのビルです(はじめていくビルです)。

何もなければ、東京へ行くのはこれで今年最後になります。時間があれば泊まってきたいのですが、そういうわけにもいかず、いつのように日帰りします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月29日 (日)

サンデーtwitter!

codebase="http://download.macromedia.com/pub/shockwave/cabs/flash/swflash.cab#version=9,0,124,0" width="290" height="350" id="TwitterWidget" align="middle" class="wysiwyg-object" class="wysiwyg-object" class="wysiwyg-object">

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月28日 (土)

宝くじ売り場!

11月最後の週末、天気もいいし行楽に出かけている人もいることでしょう。

街には人が一杯です。

昼に寄った宝くじ売り場には、行列ができていました。

この不景気の中、つかの間の夢を買い求めて、宝くじを買い求めているようです。

いい夢が見れるといいのですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月27日 (金)

役員会&勉強会

今日は、午後に会計士協会の役員会があります。

役員会は時間がかかりそうな予感がします。

その後、会計士協会と弁護士会さんとの共同研究が夕方からあります。

もうすぐ11月も終りますが、今月はちょっと空回りが多かった気がします。

残り1ヶ月ちょっとですが、実のあるものにしていきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月26日 (木)

今年の公認会計士試験の結果

今日発表された公認会計士試験の結果を見ると、昔の難しい時代に戻った感じですね。

http://www.fsa.go.jp/cpaaob/kouninkaikeishi-shiken/ronbungoukaku_21.html

短答式から受験した人の合格率は、

9.4%

一桁です。

それにしても国家試験なのに、こうも毎年合格率が変わると受験される方は、どの水準を目指せばいいのか分からなくなりますよね。

なんとかならないものでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ニュースレター更新11月号!

弊社発行のニュースレターを更新しました。

HPへは1ヶ月遅れでのアップになりますが、是非ご覧下さい。

http://homepage3.nifty.com/binspire/nl.htm

今回は、返済猶予制度について考えています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月25日 (水)

もし、中小企業にIFRSを導入したらどうなるか?

ちょっと考えてみました。

上場会社はIFRS導入に向けた対応を検討していますが、最初は大変でもそれなりに対応していくでしょう。

しかし、将来中小企業にも導入された場合には、どうなるでしょうか?

これは業種によって影響が大きく違ってきます。

特に売上の計上時期が問題です。

小売業や飲食店はあまり影響がないでしょう。

しかし、メーカーでも機械装置を作っているところは大きな影響が出そうです。

たとえば、排水ポンプを作っているメーカーを例に取ると、これまでは工場を出荷していた時に売上を計上していたことでしょう。

多くの中小企業は、最終ユーザーが大手企業の場合、間に商社が入ることが普通です。

IFRSによると売上は、最終ユーザーの検収の時になります。

ユーザーの検収は、ポンプを排水ラインに備え付け正常に稼働することをもって検収とされることが想定されます。

この場合、どうやってユーザーの検収書を入手するかが問題になります。

間に商社が入っている分だけ、手続きが面倒になります。

かといって、大手メーカーがIFRSの導入を期に、中小企業に直接口座を開いてくることも考えられません。

そうすると、間に入っている商社と打ち合わせて検収書を何とか入手することになります。

その分、出荷基準で売上を計上する時より、かなり売上の計上が遅くなるになります。

特にIFRS導入の初年度は、売上が減る可能性があります。

となると、銀行とへの説明など事前に十分な対応が必要になります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月24日 (火)

いただいた本!

昨日は、土井英司さんのセミナーに参加してきました。久しぶりの講演で、刺激を受けることができました。

頭で理解していることも、日々の忙しさに紛れてしまいますから、ときどきセミナーなどに出席して思い出す必要があります。

本を読んでも同じような効果がありますが、やはり生のライブ感がときには必要です。

人間は、5感で感じた方がより強く、影響を受けますから。

そんな有意義なセミナーでしたが、セミナー後の懇親会で著書を配っている著者がいました。

せっかく本をいただいたのでご紹介しておきますね。

単なる酔っぱらいかと思いましたが、結構凄い人のようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月23日 (月)

土井英司さん監訳本出版記念セミナー!

今日は、土井英司さんが初めて監訳した

の出版記念スペシャルセミナーに午後行ってきます。

http://eliesbook.co.jp/archives/272

セミナー後には懇親会がありますので、いろいろな人と交流してきますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月22日 (日)

サンデーtwitter!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月21日 (土)

『事例で分かる反社会的勢力対応マニュアル』

元警視庁広域暴力団対策官(丸暴)が著者です。

この本の特徴はとにかく事例が多いことです。暴力団がどういう難癖をつけてくるか事前に知っておくことが如何に重要か分かります。

対策では、企業の内部統制が如何に重要か、暴力団対策にも応用できる内部統制の例もあり貴重です。

特に企業の法務担当者は、一読すべきでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月20日 (金)

安城で講演です!

今日は、安城商工会議所さん主催のセミナーで講師を努めます。

「事業承継の落とし穴」

http://anjo-cci.or.jp/seminar.php?id=137&mode=details

この不況の中、事業承継まで考えている時間がないということもあるかもしれませんが、少人数でのセミナーになりそうです。

今日も参加して良かったといっていただけるようなセミナーにしたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月19日 (木)

『ぼくたちが聖書についてしりたかったこと』

作家の池澤夏樹氏と聖書学者の秋吉輝雄氏の対談です。

個人的には、大変も面白かったですね。

これまでの聖書、キリスト教に関する疑問のうち、いくつかが解決したので。

対談ということで、文章も話し言葉で読みやすかったですし。

ただ、聖書やキリスト教の知識が、まるでゼロの人には、まずは聖書学の入門書を読んだ後の方が理解が深まると思います。

すべての人にお勧めということではありませんが、基礎知識のある方にはお薦めの1冊です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月18日 (水)

『「売りたい営業マン」は訪問するな!』

一見FAXDMの本ですが、基本、マーケティングの本です。

FAXDMについては、第2章に記載されています。

FAXDMについては、最近の動向が記載されており参考になります。

第3章以降は、類書でも書かれていることですが、類書を読まれていない人は、刺激があって面白いと思います。

類書を読んでいても、実行できていない人にも刺激になってよいと思います。

頭で理解できても、実行できるかどうかは別問題ですから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月17日 (火)

『サラリーマンのためのお金サバイバル術』

タイトルに「サラリーマンのための」とありますが、決してサラリーマンに限定される本ではありません。

本当の世の中の仕組みを知りたい人にお勧めの1冊です。

でも、多くの人はショックを受けることでしょう。

自分が置かれた立場をこうも明確に指摘されると。

それでも、是非この本を読んで、前向きに進んでほしいと思われます。

ただ、この本では「円」自体には、基本的に信頼を置いていますが、個人的にはそれ自体リスクだと思っています。

本書の主張とは違いますが、どんな状況になっても生き残るための生存リスクを減らす投資は自己投資しかないと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月16日 (月)

大阪出張!

今日は大阪へ出張します。

1月に行われる日本公認会計士協会中日本五会研究大会の準備委員会と、そのあと行われるパネリスト会議、その後のパネリスト懇親会と続きます。

懇親会のスタートが遅くなりそうなことと、帰りの新幹線の時間を気にしながら飲むのもイヤなので、泊まってきます。

久しぶりに大阪での泊まりの出張です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月15日 (日)

サンデーtwitter!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月14日 (土)

国税庁の動画!

国税庁が、動画(ドラマ)を作って配信しています。

http://www.nta.go.jp/webtaxtv/

これが、マジ面白すぎます!

税金に係わる人に、むちゃくちゃお薦めです。

特にお薦めなのは、お薦め順に次の3本です。

第1位 「国税徴収官の仕事」

第2位 「国際的租税回避行為への対応」

第3位 「国税査察官の仕事」

是非、ご覧を!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月13日 (金)

『カネは後からついてくる!世界一の職人が教える仕事の哲学』

ビジネスの基本的な哲学を、著者独特の言い回しで教えてくる本です。

内容もしゃべり言葉で面白いですね。

人として生き方を教えてくれる本でもあります。

そういった意味でも非常に良い本だと思いますが、どこかでジェネレーションギャップを感じてしまうのは私だけでしょうか?

中小企業の経営者にお薦めの1冊です。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年11月12日 (木)

IFRSの講演

今日は、士業の異業種交流会でIFRSについてお話をします。

会計の専門家ばかりではないので、一般的な総論のを話をしようと思っています。

ただ、会計の世界はすでにかなりグローバル化が進んでいるので、前提として世界の経済・金融に関する知識が前提になります。

この点が、一般的には理解しにくい点かもしれません。

経済の世界に、もはや国境はないという点からスタートです。

上手く説明できますことやら?

それでも数年後には身近に影響が出って来るでしょうから是非と知っておいてほしいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月11日 (水)

twilogを作成しました。

twitterのつぶやきをブログのように記録できるアプリでtwilogを作成してみました。

http://twilog.org/hanano2009

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月10日 (火)

『なんだこりゃ?!まだまだあるぞ「県境」&「境界線」の謎』

どうやら続編のようですが、元の方は読んでいません。

内容は県、市、町、村の境についてです。

なんでそんなところに線を引くのかと思われる不思議を歴史的経緯から説明しています。

境界線は、明治期以降の廃藩置県、市町村合併により幾多の変遷をへてきており、地域の歴史を知ることができます。

ただ、後半はネタ切れなのか、行政区の境界線についても言及していますが、理由がはっきりしないものが多いのが残念です。

時間のあるときに読む雑学本としてはお薦めですね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年11月 9日 (月)

『夢見る黄金地球儀』

海堂尊氏のコミカルクライム小説です。

コミカルな映像作品にしても面白そうなお話です。

そういいつつ、この作品自身面白い作品ですが、著者の真骨頂はやっぱり医療関係のミステリーですね。

あまりに、これまでの桜宮市を舞台にした医療関係の小説のイメージが強いため、期待値がどうしてもそちらの方面に強く働いてしまいます。

しかし、架空の街である桜宮市を舞台としたサーガがつづくと、実在しているような錯覚さえ感じてきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 8日 (日)

サンデーtwitter!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 7日 (土)

『華族総覧』

明治期に創設された天皇の藩屏たる華族(貴族)についてその主な人々を県別に総覧した本です。

約四百家を600ページ終えるページ数で紹介しています。

これを読むと、この国の主要な企業、財団その他の要職に、華族の子孫達がいまでもいきずいていることが分かります。

日経新聞の「私の履歴書」でもその片鱗が伺えることがありますが、この本を読むと閨閥のつながりがよりよく分かります。

ビジネスで生きる人はもちろん、大学の研究者など、参考になることが多々あると思います。

明治は歴史ではなく、今も現実のこの国に脈々と生き続けています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 6日 (金)

『江戸の歴史は大正時代にねじ曲げられた』

やってしまいました。

同じ本を、また買って読んでいました。

買うときから読んだ気がしたのですが・・・

それだけ興味が引かれる内容だったということですが。

それでも、前読んだ時よりこの時代の理解・知識も深まっていたので新しい発見もありました。

なかなか面白い本ですが、2冊になったのでご希望の方に1冊差し上げますよ。

ご連絡下さい(引き取りに来ていただける方限定)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 5日 (木)

『逆説の日本史16』

井沢元彦氏のシリーズ16作目です。

著者の博識な知識と、常識にとらわれない発想で毎回楽しみしている作品です。

今回は江戸時代の朱子学と文化・教育論です。

歴史は、どのような視点から語られても興味をもって読んでしまいます。

これまでの通説を覆すようなものが、特に読んでいて面白いですね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年11月 4日 (水)

『沈まぬ太陽』

昨日、久しぶりに映画を観てきました。

『沈まぬ太陽』

正直な感想を言えば、映画としては今一でしたね。

3時間半という超長編ですが、途中で10分間の休憩があったので、それほど長く感じませんでしたが、それでも内容からいって、少なくとも3本ぐらいに分割すべきですね。

無理矢理1本の映画に詰め込んだために、それぞれの心理描写が希薄に感じました。

それからJALがモデルになっていることは明らかですが、何度か次のような断りがクレジットされました。

「映画『沈まぬ太陽』は、山崎豊子の作品をもとに映画化したフィクションです。登場人物、団体はすべて架空のものであり、実在の人物、団体等とは関係がありません。」

映画を観た人のほとんどは、JALはブラック会社だという印象を持ったことでしょう。

JALの社内でも映画に対する批判があるようですが、経営再建に向けて最悪のタイミングでの公開になったようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 3日 (火)

公認会計士試験合格者就職問題!

いよいよ今月の下旬には、公認会計士試験論文試験の合格発表があります。

短答式試験の結果から合格者の減少が予想されていますが、それでも論文式試験の合格者の就職が危ぶまれています。

すでに昨年の合格者の約1割の人が就職できませんでした。

これに関連した記事があったのでご参考までにリンクしておきます。

http://www.lotus21.co.jp/data/news/0910/news091005_02.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 2日 (月)

事業承継支援施策説明会(岐阜会場)

今日は、先月に引き続いて、午後中小企業基盤整備機構さん主催の事業承継支援施策説明会で、事業承継関連法制について解説を行います。

http://www.smrj.go.jp/chubu/seminar/048989.html

1度お話した内容なので、全体のボリューム感はつかめています。その分、前回より分かりやすくスムーズにお話できると思います。

名古屋会場は満員でお断りした方もいたということですが、岐阜会場はいかがでしょうか?

定員は80名です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 1日 (日)

会計大学院平成22年度前期入試!

今日は、愛知大学会計大学院の平成22年度前期日程の入試日です。

http://www.aichi-u.ac.jp/accounting/info/Com0000011.html

大学院の入試は、今回の前期入試と1月の後期入試、3月の3月入試があります。

その中で、例年、受験者が一番多いのが今回の前期入試です。

私も面接を担当しますが、試験官にも今回の入試では新型インフルエンザ対策が厳しく行われます。

ある意味、厳戒態勢の入試です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »