« 公認会計士試験合格者就職問題! | トップページ | 『逆説の日本史16』 »

2009年11月 4日 (水)

『沈まぬ太陽』

昨日、久しぶりに映画を観てきました。

『沈まぬ太陽』

正直な感想を言えば、映画としては今一でしたね。

3時間半という超長編ですが、途中で10分間の休憩があったので、それほど長く感じませんでしたが、それでも内容からいって、少なくとも3本ぐらいに分割すべきですね。

無理矢理1本の映画に詰め込んだために、それぞれの心理描写が希薄に感じました。

それからJALがモデルになっていることは明らかですが、何度か次のような断りがクレジットされました。

「映画『沈まぬ太陽』は、山崎豊子の作品をもとに映画化したフィクションです。登場人物、団体はすべて架空のものであり、実在の人物、団体等とは関係がありません。」

映画を観た人のほとんどは、JALはブラック会社だという印象を持ったことでしょう。

JALの社内でも映画に対する批判があるようですが、経営再建に向けて最悪のタイミングでの公開になったようです。

|

« 公認会計士試験合格者就職問題! | トップページ | 『逆説の日本史16』 »

「映画ログ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112956/46670644

この記事へのトラックバック一覧です: 『沈まぬ太陽』:

« 公認会計士試験合格者就職問題! | トップページ | 『逆説の日本史16』 »