« サンデーtwitter! | トップページ | 『なんだこりゃ?!まだまだあるぞ「県境」&「境界線」の謎』 »

2009年11月 9日 (月)

『夢見る黄金地球儀』

海堂尊氏のコミカルクライム小説です。

コミカルな映像作品にしても面白そうなお話です。

そういいつつ、この作品自身面白い作品ですが、著者の真骨頂はやっぱり医療関係のミステリーですね。

あまりに、これまでの桜宮市を舞台にした医療関係の小説のイメージが強いため、期待値がどうしてもそちらの方面に強く働いてしまいます。

しかし、架空の街である桜宮市を舞台としたサーガがつづくと、実在しているような錯覚さえ感じてきます。

|

« サンデーtwitter! | トップページ | 『なんだこりゃ?!まだまだあるぞ「県境」&「境界線」の謎』 »

「読書ログ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112956/46717642

この記事へのトラックバック一覧です: 『夢見る黄金地球儀』:

« サンデーtwitter! | トップページ | 『なんだこりゃ?!まだまだあるぞ「県境」&「境界線」の謎』 »