« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月

2009年12月31日 (木)

大晦日!

早いもので、今年も1年、今日で終わりですね!

本当に、厳しい1年でしたが、皆さんはいかがでしたでしょうか。

来る年が、少しでも明るい年になることを祈念しています。

それにしても、NHK紅白の4時間は、そろそろ止めてほしいなあ!

こども店長に頼るのも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月30日 (水)

『現代のプロフェッション』

今年読んだ本の中では、一押しの本ですね。

多くのサムライ業の人に読んでもらいたい本ですが、何分40年前の本なので入手できません。

私もAmazonのユーズドで、3万円で買いました(現在はありません)。

それだけ出しても読む価値のある本です。

この本を読んで、はじめてプロフェッションとは何かが分かったような気がします。

図書館で見つけたら是非お読み下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月29日 (火)

『トラブルにならない社員の正しい辞めさせ方給料の下げ方』

この1年、どこの企業も厳しい経営を迫られたかと思います。中にはやむを得ずリストラに踏み切り大変な思いをされた経営者もいらっしゃるでしょう。

そんなときに本当に役に立つ1冊です。経営者の立場にたって何が正しい辞めさせ方なのか教えてくれます。

自己流の解決は大けがの元です。増えすぎた弁護士が、あなたの会社を狙っています。未払い残業、不当解雇、訴訟のネタにされないように防御することも必要です。

情に流されているだけでは、会社は存続できない時代です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年12月28日 (月)

仕事納めです!

一応、今日が対外的な仕事納めす。

明日からは、これまで溜った仕事をやっつけます。

そして気分良く新年を迎えたいと思います。

新年は、5日から営業開始です!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ニュースレター更新!

弊社発行のニュースレター12月号を更新しました。

http://homepage3.nifty.com/binspire/nl.htm

よろしければご覧下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月27日 (日)

サンデーtwitter!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月26日 (土)

『天孫降臨の夢』

古代史学会では、聖徳太子は架空の人物だと言うことは、もう定説なんですかね?

この本では、定説して扱っています。

その上で、日本書紀や古事記に書かれている物語は、藤原不比等による創造物ということを論証しています。

最近の古代史は、発掘調査の成果もあって、これまで信じていたものが覆される感じで、興味深いですね。

もっといろいろなことが明らかになると面白いですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月25日 (金)

『御社の潜在労務リスクをあぶり出すチェックシート』

もうすでに、退職者から中小企業が訴えられることが多数発生しています。

ほとんどの場合、中小企業が負けています。

未払い残業、不当解雇など、中小企業が訴えられるリスクが大きくなっているといえますが、中小企業の経営者の認識はまだまだ甘いです。

本書にあるチェックリストで一度チェックしてみることをお勧めします。

本の内容については、この本だけでは分かりづらい点もありますので、本書はチェックリストして使い、その内容は顧問の社会保険労務士さんに聞くことをお勧めします。

ネット書籍サービスからチェックリストの書式がダウンロードできますが、環境によっては分かりにくい場合もあります。

ご参考までに、私が対処した方法を記載しておきますね。

・開いたネットブックが小さくて内容が分からない。

 右下の解像度(虫眼鏡にプラスのアイコン)を100%から400%にあげる。

・ダウンロードの仕方が分からない。

 書式のページに行って、右上の「ダウンロード」ボタンを押す。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月24日 (木)

パネリスト会議!

イブだというのに、今日は大阪で1月に行われる公認会計士協会中日本五会研究大会のパネリスト会議です。

悲しいかな夜の予定はないのですが、早めに帰ってきたいと思います。

世界中のサンタさんお疲れ様です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月23日 (水)

『歌舞伎町より愛をこめて 路上から見た日本』

歌舞伎町案内人の著者の17冊目の本です。

これまでの著者の本とはちょっと違って、Newsweek誌に掲載したコラムの書籍化です。

中国人の著者から見た日本ということで、外から見た日本論で楽しめます。

ただ、調査作が17冊にもなると、どうしてもこれまでの著作と重なる部分が出ってきます。

特に第4章「この国で生きる外国人たち」は、以前の著作でも触れられている話が多くありました。

著者の本を初めて読む人には、全体を面白く読めると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月22日 (火)

平成22年度税制改正大綱!

本日(22日)ようやく閣議決定されました。

内閣府税制調査会資料:平成22年度税制改正大綱(案)

http://www.cao.go.jp/zei-cho/gijiroku/pdf/21zen25kai1.pdf

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年最後の講義です!

会計大学院の講義は、今日が今年最後です。

残るは、年明け1月の3回を残すのみです。

全15回の講義もここまで来ると終盤で、徐々にまとめモードに入っていきます。

最後まで気を抜かず、いい講義になるように努力したいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月21日 (月)

twitter爆発!

昨晩は、週刊ダイヤモンドさんが、年明けのtwitter特集号で、表紙に掲載するtwitterアイコンを1500募集して大騒ぎになりました。

ダイヤモンドさんがIDを公開して、募集はじめた途端大騒ぎです。

この間、たた数時間です。大変な伝播力ですね!

もうフォロワーが4000人になろうとしています。

かつてこれだけ勢いのあるメディアはなかったのではないでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『知識ゼロからのそば入門』

そば好きでよく食べますが、奥が深いですね。

この本は、東京の老舗である上野藪そば3代目が、そばの基本知識を多くの図解や写真で紹介しています。

基本的なところがわかりやすく説明されています。

この本だけでも、そばの奥深さがわりますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月20日 (日)

サンデーtwitter!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月19日 (土)

住宅資金贈与1,500万円非課税?

今日の日経新聞によると、住宅資金贈与の特例非課税枠を1,500万円まで認めるとありました。

なかなか公表されない来年度の税制改正大綱ですが、土壇場になって次々といろいろな項目が出ってきますね。

とりあえず、住宅資金贈与ですが、暦年課税制度による非課税枠のように説明されています。

そうすると、これまで相続時精算課税制度で贈与を受けた人は、相続時に課税の可能性がありますが、今度の特例では贈与時に非課税とされるため課税はありません。

これって不公平ではないでしょうか?

この制度を実施するなら、相続時精算課税制度でも、過去に贈与を受けた人は1,500万円までは非課税にする追加措置を講ずるべきでしょう。

そうすることによりバランスが取れますし、相続時精算課税制度を利用した人の贈与枠も広がります。

大綱がまだ出っていないので詳細は分かりませんが、この点も配慮されているといいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月18日 (金)

ホームページ全面リニューアル中!

前から気になっていたホームページですが、そのリニューアル作業にようやく着手しました。

なんとかトップページだけでも、正月明けにはリリースしたと思っています。

どこかの国の政府のように先送り先送りにしないように頑張りたいと思います。

現在の弊社のホームページは、こちらです。

http://homepage3.nifty.com/binspire/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月17日 (木)

税制改正大綱発表の先送りはいつまで続くのか?

来年度の税制改正大綱は、当初の7日から15日、18日と発表が先送りされて、現在は来週というところまで来ています。

遅くとも年内には発表されるのでしょうが、この間の迷走ぶりには目を覆いたくなります。

政府主導と言いながら、最後は与党の要望を、全面的に取り入れて見直すとしています。

これまでの政府税制調査会の議論はいったい何だったのでしょうか?

最初から与党の要望をぶつけるのであれば、中国なんかに行ってないで、国内にいて政府と調整すべきですね。

この間の特例会見問題といい、政権与党としての責任感が希薄な感じがします。

政権交代しても変わったの外向きのイメージだけで、選挙対策の政策という姿勢は政権交代ぐらいでは変わらないのかもしれません。

マニュフェストも所詮、選挙公約と同じだったということでしょうかねえ(残念ですね)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月16日 (水)

プロフェッションとは?

公認会計士試験合格者の未就職問題に端を発した公認会計士制度改革について議論されいますが、その中で公認会計士のプロフェッション性についての視点が抜け落ちているよな気がしてなりません。

公認会計士は、単なる監査のエキスポートではありません。本質的な特質して利他的な性質を有するプロフェッションでです。

社会学によれば、プロフェッションは次のような特徴を有するとされます(G.Millerson,1964)。

1理論的な知識に基づいた技能の使用

2これらの技能の教育と訓練

3試験によって保証された専門職の能力

4専門職としての信頼を保証する行動規範

5公共のためのサービスを履行

6成員を組織化する専門団体

これから分かるように、単なる金儲けのためのエキスパートではありません。日本語では専門職と訳されますが、プロフェッションとしての公認会計士をどうやって育成するのかという議論なしでは、真の制度改革はできないでしょう。

しかし、日本には、今日においてもプロフェッションの伝統がありません。公認会計士制度自体、戦後上場会社の監査のエキスパートして輸入された制度であるため、プロフェッションとなるための公認会計士自身の努力も未だ必要な状態であると言えます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月15日 (火)

税制改正大綱はいつ?

世間では、特例会見とかの話題で一色ですが、仕事柄来年度の税制改正大綱がいつ発表されるのか気になるところです。

当初は、先週の金曜日11日が予定されていましたが、今週へ先延ばしされました。

先延ばしされた予定は、今日15日という声もありましたが、結局18日の金曜日まで先送りです。

一説には、中国へ行っていた小沢幹事長の帰国を待ってという噂もありましたが、先延ばしされました。

中身的には、すでに公表されている政府税制調査会の資料や報道から推測がつきますが、正式に発表されたものを確認しないといけません。

少なくともこの件に関しては、そろそろ鳩山首相のリーダーシップを発揮してもらいたいところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月14日 (月)

『トイレの話をしよう 世界65億人が抱える大問題』

先進国に住んでいるとトイレの問題を考えることはほとんどありません。

しかし、世界では4割の人々がトイレのない生活を送っています。

野外で用を済ませているのです!

それは、汚物が処理されずに、飲料水の水源を汚染することを意味します。

そのため、発展途上国では、子供が汚染された飲料水を飲んだ結果の下痢で、15秒に1人の割合で死亡しています。

発展途上国に必要なのは、学校よりも実はトイレの方が優先度は高いのです。

しかも、先進国にあるような莫大な経費がかかる下水処理設備を整備することはできません。

また、汚水を処理する淡水は、希少資源であり世界的に不足しています。

解決すべき問題は山積みされているのが現実です。

そして最大の問題は、誰も「ウンコ」の話はしたがらないことです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月13日 (日)

サンデーtwitter!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月12日 (土)

会計大学院合格者説明会!

今日は、午後から会計大学院の前期入試で合格した人を対象に来年4月の入学までに、何をすべきかの説明会を行います。

まずは、実力を推し量るためのテストをやってもらい、その結果をみて3月までの目標を設定します。

現在、公認会計士・税理士ともに就職状況は厳しいですが、まずは試験に合格しなければすべては始まりません。

たとえ入学前でも無駄にする時間はないはずです。時間を無駄にしないためにも具体的な目標をする必要があります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月11日 (金)

公認会計士制度に関する懇談会!

新聞等報道では、今年の公認会計士試験合格者の就職難に関連して金融庁が主催した「公認会計士制度に関する懇談会」が盛んに取り上げられています。

http://www.atmarkit.co.jp/news/200912/10/jicpa.html

各界からの代表者が出席して、議論百出のようですがこれでいいのでしょうか?青山学院の八田教授の発言にもあったように、公認会計士資格は、国内だけの就職状況だけで語られるべきではありません。

会計基準が国際化しているように、監査基準も国際化しています。その担い手である公認会計士の同時に国際しているのです。

その最たるものが、国際会計士連盟(IFAC)から出されている国際会計教育基準(IES)です。この中では、監査に携わる公認会計士のキャリア・パスを定めています。IFAC加盟団体はこれを遵守しなければなりません。

すでに、日本の場合、公認会計士試験の受験要件でIESに準拠しておらず、将来問題を生じる可能性を孕んでいます。

こういった状況に精通した有識者による議論であればいいのですが、懇談会のメンバーを見るとどうしてこの人と、疑問に思わざる得ません。

これから公認会計士を目指す人のためにも、本当に必要な議論を期待したいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月10日 (木)

岡崎へ往査です!

今日は終日、岡崎の幼稚園へ往査です。

期中監査のため、順調にいけば早めに帰ってこられそうです。

そうは言いつつ、決算の時に慌てないように、しっかりチェックしてこようと思います。

それでもって、夜は忘年会です。やっぱり師走ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 9日 (水)

実務補習所入所式!

公認会計士試験に合格した人が3年間通う東海実務補習所の開所式が今日行われます。

昨年までは、実務補習団体として公認会計士協会が主催していましたが、今年から実務補習所の運営が、一般財団法人会計教育研修機構に移った関係で、同財団が主催することになりました。

結果、これまで会計士協会の役員へ来ていた案内状もなくなりました。かといって出席できない訳ではないです。

これからしばらくは、こんな中途半端な状態が続きそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 8日 (火)

『日本語教のすすめ』

今年読んだ本の中で、一番知的好奇心が刺激された本です。

その中でも第2章いいですね。

第二章 言語が違えば文化も変わる

 一 虹にはいくつの色があるのか

 二 太陽は世界のどこでも赤いのか

 三 蛾と鯨が同じである理由

 四 文化によって異なる羞恥心

これまでの常識と思っていたものが、実は文化による先入観であって、文化が違えば別のものに見えてくることを知りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 7日 (月)

公認会計士試験合格者の就職状況!

土曜日(5日)の日経新聞朝刊に「大手監査法人の新人採用が半減」という記事がありました。

今年の公認会計士試験合格者(短答式等からの受験者)は、

約1,900人

これに昨年からの未収就職合格者300人を加えた求職者数は、

約2,200人

これに対して、日経新聞の記事による求人は。

大手監査法人合計約1,100人

中堅監査法人が約80人

その他が若干あるとして求人合計は

約1,200人

となると、約1,000人の合格者が就職できないことになります。

難関といわれる国家試験に合格しても半数しか就職できないとすれば、由々しき問題です。

試験制度の見直しが早急に求められるます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 6日 (日)

サンデーtwitter!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 5日 (土)

来年度税制改正の行方は?

来年度の税制改正については、毎日のように新聞紙上を賑わせています。

その元となっているのは、政府税制調査会の議論です。

http://www.cao.go.jp/zei-cho/gijiroku/21zen17kai.html

それも政権交代によって、税制の考え方が大きく変わったことが影響しています。

今年度は、時間的な制約もあり根本的な改正はなさそうですが、いろいろなところに影響が出そうな改正が行われそうです。

調査会の全体会議の資料・議事録から、議論の方向は推測がつきますので、議論がオープンにされている点は良いことでしょう。

それにしても、来年度の税制大綱が発表されたら、じっくりと読み込まないといけないですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 4日 (金)

ポータブルカーナビ!

車は、あまり乗らないのですが、カーナビが前から気になっています。

旅行先で、レンタカーに付いているカーナビは、本当に便利です。

でも自分の車につけるとなると、走るのは知った道ばかりで、勿体ないような気がしています。

たまに、遠出するときのために買うにはコストパフォーマンスが悪すぎます。

そうは言いつつ、DVDプレーヤーとして使えたり、ワンセグを見れたりするポータブルカーナビの広告があると、ついつい気になってしまいますね。

でも、よく見ると想像以上に多機能で、これは使いこなせそうにないなあと、思って尻込みしたりしています。

Amazonでも買えるようなので、ちょっと見ていると、本当に最近のカーナビは、凄いです!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 3日 (木)

Bird's vol 71

ANAカードの会報であるBird’s(vol 71)が届きました。

毎回楽しみにしているのですが、実は読んでいるのは「航空教室」という特集だけです。

今回で4回目ですが、毎回飛行機の運航に係わるスタッフの隠れた仕事が紹介されます。

日頃知ることができない世界を知ることができるのは、なんとも言えず好奇心が満足します。

ということで、今回取り上げているのは、飛行機の清掃スタッフさんです。

わずか、20分で1機の清掃を終らせるプロの技を紹介しています。

[機内忘れ物BEST3]

1 本

2 メガネ

3 携帯電話

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 2日 (水)

小規模宅地等の特例の見直し!

11月25日に開催された税制調査会で、小規模宅地等の特例の見直し」が検討されたようです。

制度の趣旨とは、必ずしも合致しない場合にも一定の減額があるということが問題となっています。

相続税に関しては、すでに基礎控除額の見直しが検討されていますが、この小規模宅地等の特例も見直されると、実質相続税の増税になるとともに、その対象者も増加することになります。

税理士の仕事は増えるかもしれませんが、すでに相続税対策を行っている方も、対策の見直しが必要になる可能性があります。

今回の税制改正は、大きな制度改正はなさそうですが、実務に影響がありそうな改正が多くなりそうです。

相続や事業承継対策には、相続税や贈与税だけでなく、消費税やそのほかの税制の動向にも注意が必要です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 1日 (火)

2次補正!

政府は今年度の2次補正予算を決めました。

中小企業支援で、

1.財政支出1兆円

2.信用保証枠6兆円

3.融資枠4兆

ということのようです。

しかし、売上が増えない中、お金を貸してくれるいわれてもですね。

それよりは、ゾンビのように生き残っている企業が、廃業して次の事業に再チャレンジできるように個人保証制度をまず廃止すべきでしょう。

ダメだと分かっている事業を続けているのは、個人保証があるためです。いくら信用保証協会が保証してくれても、借金は返さなければなりません。

返せないなら自己破産するしかありません。自己破産して再チャレンジしようとしても、保証協会に対する消えたはずの債務を返済しない限り再度保証協会から保証を受けることができません。

結局のところ、この国では命を担保にしてでしかお金を借りることができないのです。

この制度を変更しない限り、融資をいくら増やしても中小企業は立ち直らないでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »