« 税制改正大綱はいつ? | トップページ | 税制改正大綱発表の先送りはいつまで続くのか? »

2009年12月16日 (水)

プロフェッションとは?

公認会計士試験合格者の未就職問題に端を発した公認会計士制度改革について議論されいますが、その中で公認会計士のプロフェッション性についての視点が抜け落ちているよな気がしてなりません。

公認会計士は、単なる監査のエキスポートではありません。本質的な特質して利他的な性質を有するプロフェッションでです。

社会学によれば、プロフェッションは次のような特徴を有するとされます(G.Millerson,1964)。

1理論的な知識に基づいた技能の使用

2これらの技能の教育と訓練

3試験によって保証された専門職の能力

4専門職としての信頼を保証する行動規範

5公共のためのサービスを履行

6成員を組織化する専門団体

これから分かるように、単なる金儲けのためのエキスパートではありません。日本語では専門職と訳されますが、プロフェッションとしての公認会計士をどうやって育成するのかという議論なしでは、真の制度改革はできないでしょう。

しかし、日本には、今日においてもプロフェッションの伝統がありません。公認会計士制度自体、戦後上場会社の監査のエキスパートして輸入された制度であるため、プロフェッションとなるための公認会計士自身の努力も未だ必要な状態であると言えます。

|

« 税制改正大綱はいつ? | トップページ | 税制改正大綱発表の先送りはいつまで続くのか? »

会計士協会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112956/47035662

この記事へのトラックバック一覧です: プロフェッションとは?:

« 税制改正大綱はいつ? | トップページ | 税制改正大綱発表の先送りはいつまで続くのか? »