« プロフェッションとは? | トップページ | ホームページ全面リニューアル中! »

2009年12月17日 (木)

税制改正大綱発表の先送りはいつまで続くのか?

来年度の税制改正大綱は、当初の7日から15日、18日と発表が先送りされて、現在は来週というところまで来ています。

遅くとも年内には発表されるのでしょうが、この間の迷走ぶりには目を覆いたくなります。

政府主導と言いながら、最後は与党の要望を、全面的に取り入れて見直すとしています。

これまでの政府税制調査会の議論はいったい何だったのでしょうか?

最初から与党の要望をぶつけるのであれば、中国なんかに行ってないで、国内にいて政府と調整すべきですね。

この間の特例会見問題といい、政権与党としての責任感が希薄な感じがします。

政権交代しても変わったの外向きのイメージだけで、選挙対策の政策という姿勢は政権交代ぐらいでは変わらないのかもしれません。

マニュフェストも所詮、選挙公約と同じだったということでしょうかねえ(残念ですね)。

|

« プロフェッションとは? | トップページ | ホームページ全面リニューアル中! »

「税制」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112956/47043391

この記事へのトラックバック一覧です: 税制改正大綱発表の先送りはいつまで続くのか?:

« プロフェッションとは? | トップページ | ホームページ全面リニューアル中! »