« 岡崎へ往査です! | トップページ | 会計大学院合格者説明会! »

2009年12月11日 (金)

公認会計士制度に関する懇談会!

新聞等報道では、今年の公認会計士試験合格者の就職難に関連して金融庁が主催した「公認会計士制度に関する懇談会」が盛んに取り上げられています。

http://www.atmarkit.co.jp/news/200912/10/jicpa.html

各界からの代表者が出席して、議論百出のようですがこれでいいのでしょうか?青山学院の八田教授の発言にもあったように、公認会計士資格は、国内だけの就職状況だけで語られるべきではありません。

会計基準が国際化しているように、監査基準も国際化しています。その担い手である公認会計士の同時に国際しているのです。

その最たるものが、国際会計士連盟(IFAC)から出されている国際会計教育基準(IES)です。この中では、監査に携わる公認会計士のキャリア・パスを定めています。IFAC加盟団体はこれを遵守しなければなりません。

すでに、日本の場合、公認会計士試験の受験要件でIESに準拠しておらず、将来問題を生じる可能性を孕んでいます。

こういった状況に精通した有識者による議論であればいいのですが、懇談会のメンバーを見るとどうしてこの人と、疑問に思わざる得ません。

これから公認会計士を目指す人のためにも、本当に必要な議論を期待したいものです。

|

« 岡崎へ往査です! | トップページ | 会計大学院合格者説明会! »

会計士協会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112956/46992186

この記事へのトラックバック一覧です: 公認会計士制度に関する懇談会!:

« 岡崎へ往査です! | トップページ | 会計大学院合格者説明会! »