« 公認会計士試験合格者未就職問題! | トップページ | 閣僚の不規則発言問題! »

2010年1月27日 (水)

日本国債格下げか?

中日新聞の今日(27日)の朝刊によると、格付け会社S&Pは日本国債の評価をネガティブにし、今後格付けを下げる可能性があると報じています。

http://www.chunichi.co.jp/s/article/2010012601000654.html

今後、国債の格付けが下がると、長期金利が上昇するとともに、国債の消化が危ぶまれる事態になります。

国の財政的には、国債発行の大幅な縮小、国債金利の大幅な上昇が起こり、増税が不可避になり、行政サービスの低下が懸念されます。

民間では、企業の借入金利の上昇、住宅ローン金利の上昇により、企業倒産、ローン破産者が急増する可能性があります。

いずれにしろ、日本の経済にとって国債の格付けが下がることは大きな打撃になります。

政府がその当たりのことを理解していればいいのですが。

|

« 公認会計士試験合格者未就職問題! | トップページ | 閣僚の不規則発言問題! »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112956/47402312

この記事へのトラックバック一覧です: 日本国債格下げか?:

« 公認会計士試験合格者未就職問題! | トップページ | 閣僚の不規則発言問題! »