« 花粉症の季節ですね! | トップページ | 受動喫煙防止対策! »

2010年3月 7日 (日)

『未来志向』

最近読んだ本の中では、一番刺激を受けた本です。

これまで、本当にそうかなと少し疑問に思いつつも、マスコミの報道から当たり前の思っていたことが、正しい統計データから真実ではないということが分かります。

たとえば、少子化ですが、少子化により今後経済が衰退して大変だとマスコミが騒ぎます。

しかし、これまでの経済成長の要因は、人口増よりもその他の要因の拠るところが大きいことが分かっています。

そうすると、少子化した分、GDPが減るとは限らないことになります(人口も経済成長の要因のひとつではありますが)。

ある意味、目から鱗が落ちる内容がいくつもあります。

常識にとらわれない目で、将来を考える人にお勧めの1冊です。

|

« 花粉症の季節ですね! | トップページ | 受動喫煙防止対策! »

「読書ログ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112956/47729401

この記事へのトラックバック一覧です: 『未来志向』:

« 花粉症の季節ですね! | トップページ | 受動喫煙防止対策! »