« 日本代表、健闘! | トップページ | 『「若者はかわいそう」論のウソ』 »

2010年7月 1日 (木)

『憚りながら』

元山口組直参後藤組組長の後藤忠政氏の半生記です。

前半は、その生い立ちから政界、宗教界との暴力団とのつながりが実名で書かれ、興味深く読みました。

しかし、時代が現在に近づくにつれ、現在の関係者に配慮したのか歯切れが悪くなった気がします。

そして、終盤、平凡な世間にもの申す的な記述になった当たりから、最後は映画の宣伝のようない感じました。

現在でも、言葉にするには差し障りがあることが多いのでしょう。

それにしても、得度してもなお極道を肯定する著者の姿勢は変わっていないように感じられました。

|

« 日本代表、健闘! | トップページ | 『「若者はかわいそう」論のウソ』 »

「読書ログ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112956/48756559

この記事へのトラックバック一覧です: 『憚りながら』:

« 日本代表、健闘! | トップページ | 『「若者はかわいそう」論のウソ』 »