« ニュースレター更新! | トップページ | 『公認会計士制度に関する懇談会中間報告書』関する意見送付! »

2010年8月24日 (火)

必要利益!

決算が近づくと相談がよくあるのが決算対策です。多くの場合、黒字決算の会社の節税です。

中小企業の経営者は、どういうわけか税金で払うぐらいなら外のことで使いたいといわれます。

そして無駄な出費をしたり、従業員への賞与として支払ったり、節税型の生命保険に加入したりします。

このような節税方法をとる経営者の多くが、経理・財務を良く理解していません。

まず、このような意思決定をする前に考えてほしいことがあります。それは必要利益です。

たとえば、借入の約定返済が毎年2千万円ある場合、その返済原資は通常税引後利益と減価償却費です。

減価償却費がゼロの場合、利益だけで2千万円の借入の返済を行うには、税引後利益が2千万円必要です。

2千万の返済=税引後利益2千万円

税金を引く前であれば、3.4千万円の税引前利益が必要です。

3.4千万円=2千万円/(1ー40%)

(注)実効税率が40%の場合

これに減価償却費がたとえば1千万円あれば、減価償却費は支出を伴わない費用のため必要な利益は少なくて済みます。

2千万円の返済=税引後利益1千万円+減価償却費1千万円

まずは、自社にとって必要な利益はいくらなのかをキチンと把握した上で、それを上回る利益があるのであれば、適切な節税を検討します。

しかし、必要利益ぎりぎりであれば、余分な支出をする余裕はありません。税金を払ってでも借入の返済をする必要があります。

上の例は、約定返済だけの簡単な例ですが、支払手形の支払など外に様々な要素を考慮して必要利益を計算することになります。

ここのところを押さえておかないと、いつまでも借入依存体質から抜け出すことができません(銀行のいいなりの状態が続きます)。

経営者は、是非この点を十分に理解してほしいと思います。

|

« ニュースレター更新! | トップページ | 『公認会計士制度に関する懇談会中間報告書』関する意見送付! »

「ある社長」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112956/49238439

この記事へのトラックバック一覧です: 必要利益!:

« ニュースレター更新! | トップページ | 『公認会計士制度に関する懇談会中間報告書』関する意見送付! »