« 『誰でもまねできる人気講師のすごい教え方』 | トップページ | サンデーtwitter! »

2010年11月13日 (土)

『実録・警視庁公安警部』

一般にはほとんど知られていない警視庁の公安の実態と、日本、特に東京のスパイ事情があからさまに分かります。

平和ボケといわれても仕方がない状況に、危機感を抱かせてくれる本です。

世界のスパイと公安がいかに対峙しているのか、過激派との闘い、国際テロへの対応など、現場にいた人にしか分からない情報が詰まっています。

これまで起きた大事件の裏側が透けて見えました。

ただ、文章に自慢のように感じられるところが所々にあります。読んでいてどうかと思いますが、30年間前線にいて、精神的にも痛手を受けたいたので仕方がないのでしょう。

フィクションではないスパイハンターの世界がそこにはありました。

|

« 『誰でもまねできる人気講師のすごい教え方』 | トップページ | サンデーtwitter! »

「読書ログ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112956/50005999

この記事へのトラックバック一覧です: 『実録・警視庁公安警部』:

« 『誰でもまねできる人気講師のすごい教え方』 | トップページ | サンデーtwitter! »