« ドラゴンズ勝ちきれず! | トップページ | Windowsアップグレード7時間! »

2010年11月 9日 (火)

会計基準利権!

上場会社では、IFRS適用へ向けての準備が着々と進んでいます。

これに対して中小企業に対しては、事務負担が大きい、税務申告にしか利用しないとかの理由でIFRSの適用を拒む動きがあります。

現実には、中小企業向けの会計基準は新たに作る方向で検討されています。

新たな会計基準を作るということであれば、新たな利権を生みます。

どこの省庁が所管するのか、審議会の研究者は誰になるのか、会計ソフトはどうなるのか?

実は、IFRSには中小企業向けの会計基準があります。

”IFRS for SMEs”です。

基本的には取得原価ベースの基準ですので、現行の日本基準(中小企業会計指針を含む)になじんでいれば問題ないと思われます。

しかし、問題の本質はそこではないと考えます。

現在でも多くの中小企業は、税法に基づく会計処理を行っています。

財務会計という観点からは税法基準は適切ではありませんが、これをオーソライズしようとする点に問題の本質があります。

本来であれば、会計と税務は別物ですから、世界でもまれな確定決算主義(損金算入要件)の撤廃を議論すべきところですが、その方向には議論が進まないようです。

|

« ドラゴンズ勝ちきれず! | トップページ | Windowsアップグレード7時間! »

「会計基準」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112956/49979687

この記事へのトラックバック一覧です: 会計基準利権!:

« ドラゴンズ勝ちきれず! | トップページ | Windowsアップグレード7時間! »