« 岡山へ! | トップページ | 『行動経済学』 »

2011年2月 9日 (水)

『本当にわかる倫理学』

大相撲の八百長が騒がれている中、日本相撲協会が公益認定を申請することが問題になっています。

八百長をするようなスポーツに公益性はないということのようです。

それでは、何が公益性を決めるのでしょうか。

八百長は正しくないとするなら、それはどのような価値観に基づいているのでしょうか?

このような問題を深く考えるには、倫理学が役に立ちます。

一般的に哲学の一分野である倫理学は難解なイメージがありますが、本書は実に分かりやすく説明することに成功しています。

倫理的な判断を迫られるビジネスにかかわる人すべてに読んでほしい本です。

|

« 岡山へ! | トップページ | 『行動経済学』 »

「読書ログ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112956/50765888

この記事へのトラックバック一覧です: 『本当にわかる倫理学』:

« 岡山へ! | トップページ | 『行動経済学』 »