« 「好感度の高いアイコン写真撮影会」 | トップページ | facebookページのご紹介! »

2011年2月21日 (月)

特定保険料率:健康保険料の世代間移転!

日本年金機構・全国健康保険協会愛知支部から健康保険料の大幅な引き上げのお知らせが来ました。適用は3月支給の給与からです(4月納付分)。

愛知県の場合、健康保険料率は9.33%から9.48%へ引き上げられます。9.48%のうち現役生代が自分のために負担する基本保険料率が5.86%で、後期高齢者に対する支援のための特定保険料率が3.62%です。

内訳ごとの引き上げ率は、次の通りです。

基本保険料:5.83%→5.86% 0.03%アップ

特定保険料:3.50%→3.62% 0.12%アップ

これを見ると現在働いている現役世代が、後期高齢者(75歳以上)のために負担している保険料率は、健康保険料率の38%にもなります。それにアップのほとんどが高齢者に対する支援にかかわるものです。

このまま高齢化が進んでいくと、この負担が今後際限なく引き上げれ\られることになります。このように気がつかないうちに、勤労者の所得が高齢者へ移転しています。

お知らせでは従業員へこの事実を強調するようにと記載されていますが、このような所得の移転は保険制度で行うべきではなく税金の再配分として予算に計上し国会で議論すべきものですね。

なお、介護保険料率も今回一緒に引き上げられます。1.50%→1.51%です。

|

« 「好感度の高いアイコン写真撮影会」 | トップページ | facebookページのご紹介! »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112956/50931216

この記事へのトラックバック一覧です: 特定保険料率:健康保険料の世代間移転!:

« 「好感度の高いアイコン写真撮影会」 | トップページ | facebookページのご紹介! »