« 『逆説の日本史17』 | トップページ | サンデーtwitter! »

2011年3月26日 (土)

情報の真実性!

大震災から2週間が経過して被災地では救援が進んできましたが、福島の原子力発電所は一進一退の状況が続いています。

原発で作業をしていた下請け作業者が被曝し、その危険性を東電が事前に知らせなかったという事件が発生しました。

また、30キロの退避地域外でも高濃度の放射線が検出されました。

これらのことから東電ならびに原子力保安院の発表情報の信頼性が失われています。

発表される情報の信頼性を確保する方法が確保されていないことが問題です。

今回の場合は、原発推進派ではない第3者機関による検証が必要です。

上場企業の財務情報の信頼性は、独立した第3者である公認会計士の監査により担保されています。

同様の仕組みを、公共の利益に影響のある情報について早急に整備する必要があります。

|

« 『逆説の日本史17』 | トップページ | サンデーtwitter! »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112956/51221288

この記事へのトラックバック一覧です: 情報の真実性!:

« 『逆説の日本史17』 | トップページ | サンデーtwitter! »