« 大学院講義開講! | トップページ | 『誰が小沢一郎を殺すのか?』 »

2011年4月12日 (火)

レベル7の無責任!

経済産業省原子力安全・保安院は12日、東京電力福島第1原発事故の深刻度を国際評価尺度(INES)の暫定評価で、最悪の「レベル7」とすると発表しました。

これで福島第1原子力発電所の事故は、世界最規模の事故になりました。

しかし、これだけの事故を起こしていながら誰も責任を取りません。いまだ事故が進行中であるという事情を差し引いても無責任すぎないでしょうか?

原子力発電は国策として進められてきました。絶対の安全を標榜していたにも関わらず事故が起きました。となれば、所管大臣である経済産業大臣の辞任はあってしかるべきです。

また、原子力発電所をチェックする原子力安全・保安院の院長も引責辞任となるべきでしょうが、その姿をテレビで見ることはありません。

さらに、原子力開発の牽制機関となるべき原子力安全委員会の委員長も身を引くべきでしょう。

最後に、東京電力の会長・社長はいずれかの時期に辞任に追い込まれることになるでしょうが、法人としても東京電力の責任は、どのような形で償うのか問題になります。

事態の収束の目途が立たないところではありますが、1か月以上経ちました。そろそろ責任と原因にも目を向ける時期です。

日本には、福島第1原発以外にも多くの原発がありますので。

|

« 大学院講義開講! | トップページ | 『誰が小沢一郎を殺すのか?』 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112956/51369067

この記事へのトラックバック一覧です: レベル7の無責任!:

« 大学院講義開講! | トップページ | 『誰が小沢一郎を殺すのか?』 »