« 『大本営参謀は戦後何と戦ったのか』 | トップページ | カカトコリさんのチャリティセミナーへ行きます。 »

2011年4月22日 (金)

『元素と周期表の世界』

昨年の中国のレアメタル輸出制限のニュースに触発されて読み始めた本でしたが、もとが文系のためほとんど積読状態でした。

しかし、3月に東日本大震災による福島第1原発事故が起こり、今まで聞いたことがなかった物質の名前が出ってきて読み返したところです。

ニュースに出ってくる放射性物質のことが、それなりに分かり今では重宝しています。

この本で原子力発電=核という理解が誤りであることも分かりました。

プロトニウムなどの有害な放射性廃棄物を発生させないトリウムによる原子力発電があることを知り衝撃を受けました。

世の中、知らないことばかりですね。

|

« 『大本営参謀は戦後何と戦ったのか』 | トップページ | カカトコリさんのチャリティセミナーへ行きます。 »

「読書ログ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112956/51443486

この記事へのトラックバック一覧です: 『元素と周期表の世界』:

« 『大本営参謀は戦後何と戦ったのか』 | トップページ | カカトコリさんのチャリティセミナーへ行きます。 »