« マンデーtwitter! | トップページ | 『最強のマフィアの仕事術』 »

2011年5月31日 (火)

『将軍側近柳沢吉保いかにして悪名は作られたのか』

悪名高き側用人は、どうも作られた偶像のようです。

現実の柳沢吉保は、慎み深く、分をわきまえた忠臣でした。

臣下の役割として、君主の気持ちに寄り添いながら、それでも必要な諫言は折をみて言いつつづける。
...
賄賂を受け取らず、公正に公平にをモットーに生きた人です。

将軍綱吉の絶大な信頼が、嫉妬を生んだのかもしれません。

|

« マンデーtwitter! | トップページ | 『最強のマフィアの仕事術』 »

「読書ログ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112956/51808785

この記事へのトラックバック一覧です: 『将軍側近柳沢吉保いかにして悪名は作られたのか』:

« マンデーtwitter! | トップページ | 『最強のマフィアの仕事術』 »