« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月

2011年10月31日 (月)

今日の運勢は?

今日のおうし座の運勢総合点は、

30点

http://uranai.nifty.com/app/f12seiza/oushi.htm

です。

天気もいいし、そんなに悪くない1日です(^-^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月30日 (日)

サンデーtwitter!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月29日 (土)

ゴルフ!

今日は、2年ぶりのゴルフです。

大学時代のゼミの仲間と初めてゴルフをします。

とりあえず、迷惑をかけないように頑張ってきますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月28日 (金)

ニュースレター10月号更新!

弊社発行のニュースレター10号を、弊社webサイトに掲載しました。

http://homepage3.nifty.com/binspire/nl.htm

よろしければご覧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月27日 (木)

ドラフト!

もうすぐ今年のドラフト会議は始まりますね。

大学のビッグ3はどこの球団に決まるのでしょうか?

夜のスポーツニュースが楽しみですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月26日 (水)

『デザインセンスを身につける』

この本を読んデザインセンスが身につくかどうかは分かりませんが、これからのビジネスにおけるデザインの重要性は分かります。

ブランドを確立するためのデザイン戦略がもっと注目されてもいいかもしれませんね。

アップルのリンゴ、スラーバックスのセイレーンなど、欧米の企業には明確な指針があります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月25日 (火)

プリンター!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『DNA鑑定は”嘘”をつく』

民間の科学捜査員が科学鑑定の舞台裏を明らかにしています。

ドラマなどでは、鑑識が有力な証拠を見つけて事件が解決しますが、現実はそう簡単ではないようです。

民間の機関ということで雑多な鑑定が持ち込まれます。

その裏には人々の人生があります。

驚くのは、DNAによる父子鑑定の半数が、父親の子供ではないという事実です(P89)。

真実を知るには、勇気も必要となります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月24日 (月)

秋晴れ!

305347_223393491059425_100001663285

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月23日 (日)

サンデーtwitter!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月22日 (土)

『侍とキリスト―ザビエル日本航海記』

スペイン人ジャーナリストによる小説ですが、日本の戦国時代のことをよくリサーチしています。

なぜ、ザビエルが日本での布教に失敗したのか、を追及しています。

当時のというか、ヨーロッパ人の考え方が良く分かりますね。

キリスト教が唯一正しい宗教であると信じ切り他の宗教を排斥するのは、すでにそれなりの文明がある国や地域では通用しません。

現在は、宗教から形は変われど同じようなことが続いているような気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月21日 (金)

税理士政治連盟から・・・

名古屋税理士政治連盟から会費納付用の振込用紙が送られてきました。

一応、税理士登録はしていますが、政治連盟には加入していません(本人はそのつもりです)。

このあたり公認会計士も同じですが、みなし加入が前提になっているようです。

しかし、本人の加入の意思も確認せずに納付書を送りつけるのはいかがなものでしょうか?

現在、税理士会は政治連盟と一体となって税理士法の改正を推進しています。

改正法については、公認会計士と弁護士との間に軋轢を生じている問題もあります。

税理士の中には、私のように公認会計士(税理士の10%超は公認会計士)もいます。

公認会士協会から税理士法改正反対の署名を求められている、その一方で改正を推進している税理士政治連盟に加入することは矛盾することになります。

また、個人的な政治信条もありますので、業界の政治活動は個人の意思をもっと重視してほしいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月19日 (水)

ドラゴンズ優勝!but・・・

ドラゴンズがリーグ優勝しました!

球団初の2連覇です!

最大10ゲーム差からの大逆転の勝利でした。

しかし、その後ネットを賑わせたものは、監督と球団社長との確執でした。

9月6日の巨人戦の敗戦時に中日球団社長がガッツ・ポーズして喜んだという話がチームに伝わり、チームが一丸となったということです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111019-00000012-dal-base

そもそも、このような行為は経営者としての資質が疑われる行為です。

今から来年のドラゴンズが心配になりますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月18日 (火)

『暴力団』

暴力団排除条例の施行で、その影響が当事者である暴力団だけでなく芸能界などへ広がっています。

本書では、暴力団に襲撃された経験がある著者が現在の暴力団について詳しく語っています。

著者によれば、すでに構造不況業種である暴力団に代わり、最近では暴走族OBなどの「半グレ集団」が振り込み詐欺などの犯罪を担っているとのことです。

これからは、地下に潜った(マフィア化した)犯罪集団が中心になるかもしれません。

それにしても闇カジノの儲けとか、みかじめ料の相場の事例など、本書の数字の事例が名古屋ばかりというのは名古屋人として気になりますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月17日 (月)

『人生がときめく片付けの魔法』

実はこの本、今年の1月29日に買いました。どうして日付まではっきり分かるかというと、その日に著者にサインを日付入りでいただいたからです。

実際にこの本を読み始めるまでに、どんどん話題になり100万部を超えるミリオンセラーになっていました。

内容は、これまでの片付けの本とは異なり、これなら効果がありそうだと思えるものです(まだ実践していませんが)。

でも読んでいて感じたのは、これは片付けだけでなく仕事のやり方にも共通するのではないかということです。

まずは、そちらの方で応用してみようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月16日 (日)

サンデーtwitter!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月15日 (土)

『BC級戦犯』

太平洋戦争は、各地の戦闘の勝敗で語られることが多いですが、それでは戦争の全体像を理解することはできないと著者は主張します。

それではどうしたらいいのでしょうか?

著者は、その一つの方法として戦後行われたBC級戦犯を足がかりにします。

A級戦犯を裁いた東京裁判のように注目されていませんが、BC級戦犯裁判は7国で行われ約5,700人が起訴され934人に死刑判決が下されています。

その内容は、戦域で大きく異なります。

著者は、その戦域を大きく満州戦域、中国戦域、南方資源地帯戦域、西太平洋戦域に分けて分析しています。

それを見ると当時の日本が、異なる地域で4つの異なる戦争を同時進行させていたことが分かります。

当時の国力を超えていたことは明らかです。

敗北を期したのは、西太平洋戦域における米国との戦闘によるのでした。

その他の地域では占領状態が続いていたのですが、すでに限界を超えていたのです。

このような見方は、戦史に新たな視点をもたらすもので興味深く読みました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月14日 (金)

今日は雨。

今日は、朝から小雨がぱらつく天気でしたね。

夜になっても雨で、明日まで降り続きそうです。

気温も下がって季節は秋になってきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月13日 (木)

日が短くなりましたね。

現在、18:00ですが外は、すでに真っ暗です。

本当に日が短くなりましたね。

今日は早めに店じまいして、久しぶりに異業種交流会へ参加します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月12日 (水)

マジック点灯!

ついにドラゴンズにマジックが点灯しました(*^^*)。
今季は、正直なところ諦めていたので、この逆転には感動ですね♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『古城の風景Ⅲ』

第3巻は、北条の城、北条水軍の城です。

主には、北条早雲の足跡を辿っています。

まるで北条3代記を読んでいる感もありますが、作者同様、北条早雲という武将に対する興味が湧いてきました。

読後の感想は、作者による北条早雲を主人公にした小説を読みたいという感じですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月11日 (火)

『旗本御家人驚きの幕臣社会の真実』

江戸時代というと武士は、武士道に則り生きていた時代かと思いがちですが、そんな先入観をこの本は打ち砕いてくれます。

組織ぐるみの隠ぺい、甘えに馴れ合い、横領が日常茶飯事です。

しかし、良く考えると江戸時代の彼らの姿は、今の官僚たちと生き写しのような気がします。

そうすると、官僚の精神は江戸時代にすでに完成されていたのかしれませんね。

そう考えると新渡戸稲造の「武士道」に描かれている武士は、どうもかなり少数派だったようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月10日 (月)

『モテキ』

話題の映画ですが観てきました。

ちょうど男性デーということで、1,000円で鑑賞できてラッキーでした。

映画はラブコメディでしたが、想像していた感じとはちょっと違いましたね。

テレビドラマの方は観ていないので、先入観なく観ることができましたが、テレビシリーズを敢えて見たいとは思いませんでした。

観客は、若いカップルと若い女性が多かったですね。でもカップルで観るのはどうかという感じでした。

http://youtu.be/fV0zyJQU_uc

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 9日 (日)

サンデーtwitter!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 8日 (土)

『「神道」の虚像と実像』

タイトルに魅かれて読み始めました。

最初のうちは、「神道」の歴史を文献的に考察している感じで、これまでの「神道」のイメージとは異なる解説を興味深く読んでいました。

しかし、明治維新以降の解説では、柳田国男氏の神道論の批判に始終している感じで、それまでの議論が批判のための準備のようで正直興ざめしてしまいました。

それでも最後まで読みましたが。

残念なことに、イデオロギーで書かれているようにも感じました。

違和感を感じる1冊でしたね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 7日 (金)

秋の研修週間終わり!

先週と今週は、研修週間ということで、2週間で22時間の研修を受講しました。

仕事に必要なことだけでなく、今後必要と思われることや興味のある項目を積極的に受講した結果です。

経済環境は変化し続けています。生き残っていくためには、日々新たな知識を吸収することが必要ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 6日 (木)

地方財政制度!

公認会計士協会の研修に参加してきました。

テーマは「地方財政制度の概要と自治体財政の健全性」です。

研修を受講した感想は、難しいの一言です。

概略の大枠は理解できましたが、地方交付税の自治体への配分が充分理解できなかったですね。

特に「留保財源」のところがよく分かりませんでした。

基礎知識がないと完全には理解しがたいようです。

講師の先生のお話では、自治体の担当者でも誤解している人がいるということでしたが、もっとシンプルな仕組みにしないと管理するのも大変だと感じました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 5日 (水)

『図解旅客機運航のメカニズム』

よく航空機の飛ばし方の本はありますが、この本は旅客機の運航全般にわたって全般的な知識を得ることができます。

旅客機を運航するためには、搭乗員だけでなく実に多くの人が携わっています。

そのシステム全体を知ることは、経営を知ることでもあります。

花形でみえるところだけでなく、その裏方でそれを支えているところにも目を向けることが大切ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 4日 (火)

公認会計士協会の研修!

先週と今週は、公認会計士協会の研修に多く参加しています。

公認会計士には、研修の受講が法律で義務付けられていますので、規定の受講をしないと処分されます。

実は、今年度の必要単位数は既に充足しています。

それにしても、上場会社の監査から離れて10年以上過ぎましたので研修を受講していても隔世の感がありますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 3日 (月)

今日から衣替えです!

今朝は、寒かったですね。

布団が出るのに勇気がいりました(笑)。

ところで、今日から衣替えして、クールビズを終了してネクタイに戻りました。

寒さにネクタイが防寒になってちょうどいいですね(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 2日 (日)

サンデーtwitter!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 1日 (土)

『古城の風景Ⅱ』

第2巻は、西三河と遠州の城です。

ちょうど徳川家康が力を蓄えた時期ですね(織田信長の盟友として)。

それにしても数多くの城があります。

また、多くに寺院が城とともに砦の役割を果たしています。

歴史に埋もれた人々のこれが聞こえてきそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »