« 秋晴れ! | トップページ | プリンター! »

2011年10月25日 (火)

『DNA鑑定は”嘘”をつく』

民間の科学捜査員が科学鑑定の舞台裏を明らかにしています。

ドラマなどでは、鑑識が有力な証拠を見つけて事件が解決しますが、現実はそう簡単ではないようです。

民間の機関ということで雑多な鑑定が持ち込まれます。

その裏には人々の人生があります。

驚くのは、DNAによる父子鑑定の半数が、父親の子供ではないという事実です(P89)。

真実を知るには、勇気も必要となります。

|

« 秋晴れ! | トップページ | プリンター! »

「読書ログ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112956/53074748

この記事へのトラックバック一覧です: 『DNA鑑定は”嘘”をつく』:

« 秋晴れ! | トップページ | プリンター! »