« サンデーtwitter! | トップページ | ニュースレター2月号! »

2012年2月27日 (月)

『人はなぜ逃げ遅れるのか』

3.11以前に書かれた災害心理学に基づく本ですが、3.11で起きたことをいい当てていることがいくつかあります。

災害時に多くの場合、人々はパニックにならない。パニックは特定の条件(4つ)が揃わないと起こらない。

重要なことは正確な情報を適切に伝えることにあります。

また、災害時の心身の段階についての記述が新鮮でした。

1.衝撃時
2.虚脱状態
3.災害後のユートピア
4.避難と救援活動
5.回復期

この本のように社会心理学には多くの知見がすでにありますが、現実の政策や災害時の意思決定にはほとんど生かされていないように感じます。

|

« サンデーtwitter! | トップページ | ニュースレター2月号! »

「読書ログ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112956/54047323

この記事へのトラックバック一覧です: 『人はなぜ逃げ遅れるのか』:

« サンデーtwitter! | トップページ | ニュースレター2月号! »