« 『国家の罠』 | トップページ | 『新聞・テレビはなぜ平気で「ウソ」をつくのか』 »

2012年3月16日 (金)

『武士道』

新渡戸稲造の名著です。

今回、初めて読んでみました。

西洋人に日本の道徳を説明するために書かれたものであるため、西洋との比較が多く出ってきます。

現代にも通じるものがありますね。

理想的な「武士道」がサムライたちの時代にも稀であったことをわれわれは知っています。

それであっても人々をひきつける魅力がありますね。

|

« 『国家の罠』 | トップページ | 『新聞・テレビはなぜ平気で「ウソ」をつくのか』 »

「読書ログ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112956/54229637

この記事へのトラックバック一覧です: 『武士道』:

« 『国家の罠』 | トップページ | 『新聞・テレビはなぜ平気で「ウソ」をつくのか』 »