« いよいよ繁忙期へ! | トップページ | スイーツ! »

2012年4月20日 (金)

『社長は労働法をこう使え!』

経営者サイド立った労働問題専門の弁護士による本音の本です。

中小企業の経営者は必読です。

この手の本で読んだ中では、一番良かったですね。

かなり踏み込んで書かれています。

次のようなことを日ごろ言っている社長は注意が必要です(P127)。

「トラブルを起こしたらうちの業界では生きていけない」

「これだけお金を払っているのだから残業代を請求することはない」

「うちの社員はそんなことはしない」

|

« いよいよ繁忙期へ! | トップページ | スイーツ! »

「読書ログ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112956/54503408

この記事へのトラックバック一覧です: 『社長は労働法をこう使え!』:

» 日本の裁判官の質が低すぎる:社長は労働法をこう使え! [本読みの記録]
社長は労働法をこう使え!作者: 向井 蘭出版社/メーカー: ダイヤモンド社発売日: 2012/03/09メディア: 単行本(ソフトカバー) このエントリで取り上げた「 人が壊れてゆく職場」は組合顧問弁護士から見た、労働法の実態を描いていた。 本書は、それとは反対に、中小企業の経営者がわからみた労働法の実態を描いている。 本書を読むと、裁判官の無能さ加減にうんざりすることまちがいなしだ。 ... [続きを読む]

受信: 2012年5月21日 (月) 23時15分

« いよいよ繁忙期へ! | トップページ | スイーツ! »