« 年金定期便! | トップページ | クール・ビズ! »

2012年5月 8日 (火)

『アメリカと宗教』

アメリカの政治を知るためには、アメリカのキリスト教の動向を知る必要があります。

それもプロテスタントの主流派と福音派の対立を理解することが重要です。

この本を読んで、はじめてプロテスタントがどれだけ大きくアメリカの政治や大統領選挙に影響を与えてきた理解できました。

オバマ大統領の誕生まで記述されていますが、現在のティーパーティの状況などについても著者の見解を知りたいと思いました。

|

« 年金定期便! | トップページ | クール・ビズ! »

「読書ログ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112956/54620634

この記事へのトラックバック一覧です: 『アメリカと宗教』:

« 年金定期便! | トップページ | クール・ビズ! »