« 『武士道のことがよくわかる本』 | トップページ | 『信長公記で追う桶狭間への道』 »

2012年5月17日 (木)

『逆説の日本史18』

このシリーズもようやく幕末までたどり着きました。

江戸時代になってから巻数が年数に比して増えた気がします。

これもこの時代以降は、資料が多く残されているということでしょう。

この巻では、江戸幕府の幕末外交のまずさが中心主題になっています。

何事も先送りにして最悪な事態を招く、今と変わらないメンタリティーですね。

|

« 『武士道のことがよくわかる本』 | トップページ | 『信長公記で追う桶狭間への道』 »

「読書ログ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112956/54724661

この記事へのトラックバック一覧です: 『逆説の日本史18』:

« 『武士道のことがよくわかる本』 | トップページ | 『信長公記で追う桶狭間への道』 »