« 正式に城主です! | トップページ | 『元国税調査官が暴く税務署の裏側』 »

2012年8月 1日 (水)

『戦後史の正体』

現在の政治の混迷も1945年9月2日の米戦艦ミズーリ号上の降伏文書調印から始まっています。

アメリカからの自立を目指す総理は失脚させられます。

元外務省・国際情報局長が、各種資料に基づき読み解いています。

この本も昨年の3.11による福島原発事故による欺瞞が国民に認知されなかったら出版されなったでしょう!

日本人、必読の1冊です。

|

« 正式に城主です! | トップページ | 『元国税調査官が暴く税務署の裏側』 »

「読書ログ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112956/55320780

この記事へのトラックバック一覧です: 『戦後史の正体』:

« 正式に城主です! | トップページ | 『元国税調査官が暴く税務署の裏側』 »