« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月

2012年12月31日 (月)

『世界の経営学者はいま何を考えているのか』

2012年、最後にもっとも知的好奇心を刺激される本を読みました。

世界の最先端の経営学のフロンティアです。

米国のMBAでは、ドラッカーを読まない!

あまりに日本と違う現状があります。

示唆に富む研究が随所にあります!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月28日 (金)

『大本営参謀は戦後何と戦ったのか』

第2次世界対戦が終わって、日本軍の武装解除が行われました。これにより、日本から軍が消滅しました。

しかし、これにより日本から軍閥が消滅したわけではありません。

軍閥は、米国に利用されつつ、利用して生き延びていました。

日本の再軍備により、従前の地位に復帰することを望むもの、吉田首相の暗殺をもくろむもの、その望みは様々です。

しかし、それらもいずれ歴史の流れに埋もれていきました。

現在の日本は、米国による占領期に形作られました。彼らはそのあだ花だったのかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月27日 (木)

『アメリカが劣化した本当の理由』

本来、「州」間の条約機構である合衆国憲法。

その拡大解釈でなんとか連邦を維持してきた歴史に矛盾が内包されていました。

「州」の独立性と連邦政府の役割、これが根本的に解決されない限り矛盾は解決しません。

また、日本をはじめ多くの国々が合衆国憲法に範をとっていますが、司法独裁の悪弊も受け継いでいます。

米国でも三権分立の中、司法だけが民意を反映せずに政治的に選ばれます。

司法による憲法判断が司法の独裁を生んでいます。このことが民主主義を劣化させる原因になっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月26日 (水)

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』

観てきました!

旧作とは異なるストーリー展開が全開でしたね。

より哲学的になった感じです。

一部謎解きもあって、次回作が楽しみになりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月21日 (金)

『「平家物語」愛と滅亡のドラマ』

大河ドラマの平清盛は終わろうとしていますが、平家物語のガイドブックというべき本書を読みました。

本書はあくまでもガイドブックですが、日本史の関連知識も記載され俄然平家物語に興味が湧きます。

現代語の小説があればこの年末年始に読んでみたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月20日 (木)

『なぜビジネスホテルは、1泊4千円でやっていけるのか』

不景気といわれて久しいですが、地方都市にも格安のビジネスホテルが増え続けています。

どうして彼らはやっているのでしょうか?

その秘密の一端が解き明かされます。

ホテルのサービスの中で、宿泊だけに特化して徹底的にコスト削減を行う。

人件費の塊であるホテル業に新しい波が打ち寄せています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月19日 (水)

『最高裁の罠』

検察の闇は良く取り上げられていますが、同じ司法ムラの最高裁にも同じように闇があったようです。

いちブロガー丹念な情報開示請求と取材で、検察審査会の疑惑に挑んでいます。

しかし、最後まで最高裁判所事務総局の壁は厚かった。

でも、疑惑の一端はこうして光に曝されました!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月18日 (火)

ニュースレター12月号公開!

弊社発行のニュースレター12月号を公開しました。

http://homepage3.nifty.com/binspire/nl.htm

復興特別所得税を取り上げています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月17日 (月)

総選挙終わりましたね。

衆議院選挙が終わりました。戦前の予想通り民主党の惨敗です。

マスコミの事前予想通りで驚きもなく、投票率も伸び悩みました。

選挙に行く前に結果が分かってしまうのも興ざめですね。

それはさて置き、気になるのは来年度の税制大綱の発表時期です。

総選挙がなければ、毎年この時期に発表されますが、26日の組閣後、年末年始を挟んで1月の発表になりそうです。

多くの税理士が繁忙期を迎えての発表になりそうです。

先送りにされていた相続税の増税も盛り込まれるでしょう。

4月から適用される税制に対応する時間はあまりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月15日 (土)

『日本人が世界に誇れる33のこと』

日本人であることに誇りが持てる1冊です。

当たり前のことが世界から評価されています。

今日から前向きになれる本です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月14日 (金)

『儲けの9割は「値決め」で決まる!」

業績不振で苦しむ中小企業にお勧めの1冊です!

言われてみれば当たり前のことばかりですが、実践できている企業は多くありません。

「裏の売価の6条件」に分けて事例を交えわかりやすく解説しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月13日 (木)

選挙ハガキ!

ある党の候補者から選挙ハガキが来ました。

次期の政権を予想されている政党からの立候補です。

候補者(新人)の略歴はありますが、どうして国会議員になりたいのか一言も記載れていませんね。

政党のスローガンだけでは...、人となりすら分かりません(><)

少なくとも争点に関する意見ぐらい書いてほしいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月 8日 (土)

『中国を変えた最強メディア微博の衝撃』

中国版のTwitterと呼ばれる微博(ウェイボー)ですが、その実態はTwitterとは似ていますが違います。

国家により情報が統制されているからこそ情報発信の手段となっています。

中国最大のメディアですね。そこには人民の本音があります。

また、中国の政府機関も積極的にアカウントを取得し情報発信に努めています。

そして、いつ見られているか分からない官僚の心得「微博時代官場警示録」が面白いです(P150)

1.インタビューを受けるときは下品な話をしないこと
2.公の場では有名ブランドのタバコを吸わないこと
3.接待をするときは有名ブランドの時計を身につけないこと
4.公務活動の際は有名ブランドの車は使わないこと
5.地方に視察する際は有名ブランドの靴を履かないこと
6.文章を掲載するときは盗作をしないこと
7.デートをするときは微博に書き込まないこと
8.女遊びを日記にしないこと
9.災難が発生したときに笑顔を浮かべないこと
10.突然何か事件が起こったときにスポークスマンにならないこと
11.微博を知らない人間は官僚にならないこと

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月 7日 (金)

税理士試験合格発表!

税理士試験の合格発表がありました。

http://www.nta.go.jp/sonota/zeirishi/zeirishishiken/shikenkekka2012/01.htm

厳しい試験を受験して合格された方、おめでとうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月 3日 (月)

いよいよ明後日が本番です!

明後日(12月5日)に迫った日本公認会計士協会の研修講師ですが、当日使うレジメの印刷が出来上がってきました。

192508_448343388564433_720474363_o

明日(4日)には前泊で東京へ行きます。今年最後の大仕事ですね(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »