« 『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』 | トップページ | 『大本営参謀は戦後何と戦ったのか』 »

2012年12月27日 (木)

『アメリカが劣化した本当の理由』

本来、「州」間の条約機構である合衆国憲法。

その拡大解釈でなんとか連邦を維持してきた歴史に矛盾が内包されていました。

「州」の独立性と連邦政府の役割、これが根本的に解決されない限り矛盾は解決しません。

また、日本をはじめ多くの国々が合衆国憲法に範をとっていますが、司法独裁の悪弊も受け継いでいます。

米国でも三権分立の中、司法だけが民意を反映せずに政治的に選ばれます。

司法による憲法判断が司法の独裁を生んでいます。このことが民主主義を劣化させる原因になっています。

|

« 『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』 | トップページ | 『大本営参謀は戦後何と戦ったのか』 »

「読書ログ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112956/56398270

この記事へのトラックバック一覧です: 『アメリカが劣化した本当の理由』:

« 『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』 | トップページ | 『大本営参謀は戦後何と戦ったのか』 »