« 『最新 犯罪心理学』 | トップページ | 日付越えの仕事! »

2013年4月18日 (木)

『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』

村上春樹の最新刊です。

名古屋が舞台に出ってきますが、下調べが行き届いていますね。

読書後の感想は難しいですが、満足しました(^^)

|

« 『最新 犯罪心理学』 | トップページ | 日付越えの仕事! »

「読書ログ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112956/57186990

この記事へのトラックバック一覧です: 『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』:

« 『最新 犯罪心理学』 | トップページ | 日付越えの仕事! »