« 『闇株新聞 The book』 ★★★★★ | トップページ | 『秀吉の出自と出世伝説』 »

2013年5月15日 (水)

『おどろきの中国』

★★

社会学者3人の鼎談です。3人のうちの一人は奥さんが中国人です。

学者の鼎談ということで、理解するには社会学、哲学、社会心理学、経済学などの知識が必要になります。

前半はなるほどと考えさせられるところがありますが、後半の政策提言については理想論のように感じられました。

現実の外交は、複雑な要因が絡み合ったもっと泥臭いものであると考えます。

また、中国の負の部分(少数民族の迫害など)について正面から論じていないなのも気になりました。

紙面に限りがあるからもしれませんが。

全体のトーンは、中国への理解をまずは進めようという感じですね。

|

« 『闇株新聞 The book』 ★★★★★ | トップページ | 『秀吉の出自と出世伝説』 »

「読書ログ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112956/57388327

この記事へのトラックバック一覧です: 『おどろきの中国』:

« 『闇株新聞 The book』 ★★★★★ | トップページ | 『秀吉の出自と出世伝説』 »