« ニュースレター8月号を公開しました! | トップページ | 『マイナンバー制度の実務と業務フローがわかる本』 »

2015年8月24日 (月)

『科学の危機』

★★★★

3.11により原発の安全神話は消え去りました。

ご用科学者による神託は、実は利益主義の隠れ蓑に過ぎないことが分かってしまいました。

かつて、科学者は、科学的な知見は公共財としての意識を持ち、高度な倫理観を有していました。

しかし、20世紀の二つの世界大戦を契機に、科学者は利益主義に傾倒していきました。

遺伝子組み換え食品など倫理的な検討より利益が優先される時代に、科学者のあるべき倫理を問う本です。

|

« ニュースレター8月号を公開しました! | トップページ | 『マイナンバー制度の実務と業務フローがわかる本』 »

「読書ログ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112956/62148408

この記事へのトラックバック一覧です: 『科学の危機』:

« ニュースレター8月号を公開しました! | トップページ | 『マイナンバー制度の実務と業務フローがわかる本』 »