« 『機密解禁文書にみる日米同盟』 | トップページ | 『誰も教えてくれなかった実地棚卸の実務Q&A』 »

2016年2月29日 (月)

『たったひとつの毛鉤で勝負-日本のテンカラが今、世界へ』

★★★

この本を読んで、日本の毛鉤つりが世界に広まっていることを初めて知りました。

毛鉤つりのことを「テンカラ」と呼ぶこともこの本で初めて知りました。

つりは子供の頃、やったきりですが、未だにロマンを感じますね。

そして奥深いですね。もう竿を握ることはないかもしれませんが水に親しむのはいいですね。

|

« 『機密解禁文書にみる日米同盟』 | トップページ | 『誰も教えてくれなかった実地棚卸の実務Q&A』 »

「読書ログ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112956/63279714

この記事へのトラックバック一覧です: 『たったひとつの毛鉤で勝負-日本のテンカラが今、世界へ』:

« 『機密解禁文書にみる日米同盟』 | トップページ | 『誰も教えてくれなかった実地棚卸の実務Q&A』 »